クレジットカードの読みもの

クレジットカードに関する様々な知識や使い方を「読みもの」として紹介していくサイトです。

野々村元県議が加工した、クレジットカード利用明細書のクオリティが酷い…。調査されたら誰が見てもバレる偽造&不正ですね。

f:id:cardmics:20140903084619j:plain

たまには時事ネタ(?)でも。

元兵庫県議会議員の野々村氏が提出したとされる、クレジットカードの利用明細書が酷いですね…(上の画像、こちらから引用)。これでは確実に『私、不正してます!』というのがバレてしまう明細書だと思うのですが、野々村氏本人はバレないとでも思ったんでしょうか…。甚だ疑問です(苦笑)

バレバレな理由を箇条書き:

説明するまでもありませんが、念のため怪しいなと思う点を箇条書きにしておきますが、ちょっと見ただけでも

  1. 文字のフォントサイズがそこだけ太字気味(荒いコピーして滲んでいる?)
  2. 日々の他の買い物が数百円レベルなのに、その日だけ17万円は異常。
  3. 背景色が他の場所と違う。背景色の順序も違う。

などがわかるはず。

まぁそもそも、スーパーマーケットで17万円も利用する人なんてそうそう居ないと思うので、それだけで調査に入られた時には目をつけられてしまいますよね。不正をするならするで、もうちょっと上手な偽装方法を考えられなかったんでしょうか…。

だが県警が押収した明細書では、その欄に別の内容が印字され、覆い隠すように別の明細書が貼られていたという。これをコピーして議会事務局に提出したとみられ、改ざんが疑われる部分は文字の太さが違い、縦線もずれるなどしていた。

収支報告書によると、野々村氏はスーパーで買い物を繰り返し、13年度は約500回にわたりカードで購入。大半が千円以下の金額で、17万円台は突出して高かった。

野々村元県議は氷山の一角:

尚、常々、インターネット上でも指摘されているように、今回の野々村元県議の不正は氷山の一角。スケープゴートにされた感すらありますよね。

他にも金券ショップで大量に切手を購入しては売却し、領収書だけを得ている議員は多いと思うので、一度、全国的にしっかりとした調査をし、カンタンに不正できないような対策整備をお願いしたいものです。

追記:国会議員にも不正と思われる支出は多い:

ちなみに市区町村の議員だけでなく、国会議員にも不正に政治資金を使っているのではないか?というケースは多いもの(下記例など)。

もうほんと、納税している側からするとイヤになってしまう事例ばかりなので、更にもっと、不正できない仕組みづくりが求められることになりそうですね。今後の改善に期待しましょう!

以上、野々村元県議が加工した、クレジットカード利用明細書のクオリティが酷い…。調査されたら誰が見てもバレる不正ですね…という話題でした。

文末リンク:

野々村議員の不正については下記記事なども参考にどうぞ。

PAGE TOP