クレジットカードの読みもの

クレジットカードに関する様々な知識や使い方を「読みもの」として紹介していくサイトです。

日本郵政のIPOにおける主幹事証券会社まとめ!野村證券や大和証券、SMBC日興証券など11社が主幹事に名を連ねる、大型上場になります。

http://www.flickr.com/photos/37325040@N07/4114329731

photo by Kojach

日本郵政グループ3社のIPOにおいて、主幹事を務める証券会社を今回はまとめてみたいと思います。私も郵政株が欲しい、IPOの当選確率をあげたい…という方は是非、参考にしてみてくださいね。

日本郵政IPOにおける主幹事証券会社まとめ:

下記が日本郵政、ゆうちょ銀行、かんぽ生命保険3社の主幹事証券会社一覧です(財務省の公表より)。それぞれ国内区分、海外区分、国内特定区分の3つに分けて紹介します。

(国内区分)

(海外区分)

(国内特定区分)

尚、インターネット上の情報によると、現在では11社からシティグループ証券とUBS証券がいなくなり、9社になっているというものがありましたが、真偽の確認がとれなかったので財務省が公表した11社のままで紹介させていただきました。

日本郵政グループ3社のIPOに応募したいなら:

主幹事証券がこれでわかったところで、気になるのはどうすれば日本郵政グループ3社のIPOに当選できるかですよね。

もしあなたが資産家の方であれば、確実なのは野村證券や大和証券、みずほ証券といった日本の証券会社に口座開設を願い出ること。今回の日本郵政のIPOは大型上場ゆえ、各社への割当数もそれなりに多いことが想定されるため、優良顧客だとみなしてもらえれば分けてもらえる可能性は高いでしょう。

資産がないなら当選しやすそうなネット証券会社へ:

反面、数千万単位の資産なんてないよ…という方は、日本郵政株が当選しやすそうなネット証券会社に口座開設をするのが無難。

特に主幹事である三菱UFJモルガン・スタンレー証券や岡三証券の関連会社である、カブドットコム証券と岡三オンライン証券が今回は狙い目だと言われています。

更に上記2社はIPO応募者の中から当選者をコンピューター抽選で決める仕組みが採用されているので、新規口座開設者であったとしても充分に当選が期待できるのも魅力です。前述のように今回は大型上場ゆえ、当選確率も高めになるはずですよ。

以上、日本郵政のIPOにおける主幹事証券会社まとめ!野村證券や大和証券、SMBC日興証券など11社が主幹事に名を連ねる、大型上場になります…という話題でした。日本郵政株のIPO応募については今回紹介させていただいた証券会社以外でも募集しているので、下記記事なども参考にしてみてくださいね*1

news.cardmics.com

*1:郵便局が上場する…と思われている方も多いのですが、今回、郵便局は上場予定ではありません。関連している銀行事業、保険事業、そしてそのグループ会社である日本郵政の上場になります。

PAGE TOP