クレジットカードの読みもの

クレジットカードに関する様々な知識や使い方を「読みもの」として紹介していくサイトです。

日本郵政上場に関する仮条件が決定!IPOの売り出し価格は当初予定されていたよりも若干、低めに設定されそうな感じです。

f:id:cardmics:20170928131922j:plain

本日よりIPO抽選受付が開始された日本郵政3社の新規株式公開(日本郵政、ゆうちょ銀行、かんぽ生命)。その売り出し価格決定の元になる仮条件が、10月7日付けで定まったようです。

日本郵政グループ3社が上場時に売り出す株式の仮条件が7日、それぞれ決まった。日本郵政(6178*J)が1100~1400円、かんぽ生命保険(7181*J)は1900~2200円、ゆうちょ銀行(7182*J)は1250~1450円になった。

仮条件に関する数字まとめ:

仮条件に関する数字をまとめておきます。これから日本郵政のIPO抽選に申込される方の参考になれば幸いです。

仮条件まとめ:
  • 日本郵政:1,100~1,400円
  • かんぽ生命保険:1,900円~2,200円
  • ゆうちょ銀行:1,250円~1,450円
想定される時価総額:
  • 日本郵政:4兆9,500億~6兆3,000億円
  • かんぽ生命:1兆1,400億~1兆3,200億円
  • ゆうちょ銀行:4兆6,868億~5兆4,367億円

当初予定されていた想定価格より低めになりそう?

今回の仮条件で注目したいのはその値幅。

なんだかんだで話題の日本郵政上場ですから、申込が殺到して高めの売り出し価格になってしまう可能性もありますが、この値幅であれば当初予定されていた下記の想定価格よりも低く落ち着くこともありそうな感じです。

9月10日に想定されていたIPO売り出し価格:
  • 日本郵政:1,350円
  • かんぽ生命:2,150円
  • ゆうちょ銀行:1,400円

仮に想定価格よりも低めに決定した場合には、言うまでもなく株式公開時に利益が出る可能性が高くなるということ。日本郵政のIPO抽選申込を検討されている方にとっては、更に「旨味」が出やすくなったのではないでしょうか?*1

IPO抽選に参加したいなら:

f:id:cardmics:20170717002149j:plain

ここまで日本郵政グループ上場の売り出し価格について紹介させていただきましたが、いかがでしたでしょうか?

『私もIPO抽選に参加したい!』という方は是非、下記記事などを参考に、日本郵政のIPOに参加をしてみてくださいね。うまくいけばちょっとしたお小遣い獲得も可能ですよ(投資は自己責任にて)。

以上、以上、日本郵政上場に関する仮条件が決定!IPOの売り出し価格は当初予定されていたよりも若干、低めに設定されそうな感じです…という話題でした。

参考リンク:

証券会社に口座を開設したことがない…という方は下記記事も参考に。口座開設費用は銀行口座と一緒で、無料で開設が可能ですよ。

news.cardmics.com

*1:投資は自己責任にてお願いします。

PAGE TOP