クレジットカードの読みもの

クレジットカードに関する様々な知識や使い方を「読みもの」として紹介していくサイトです。

ゆうちょ銀行とかんぽ生命のIPO売り出し価格が仮条件価格帯の上限で決定。残る1社、日本郵政のIPO抽選申込は23日までです。

http://www.flickr.com/photos/96318035@N00/4890474763

photo by kosmosxipo

ゆうちょ銀行とかんぽ生命のIPO売り出し価格が正式に決定しました。ゆうちょ銀行が1450円、かんぽ生命が2200円と、仮条件価格帯の上限価格で落ち着いたようです。

11月4日の日本郵政グループ3社の株式同時上場で、傘下の金融2社の売り出し価格がゆうちょ銀行1450円、かんぽ生命保険2200円にそれぞれ決まった。両社が19日午後に発表した。いずれも7日に発表した仮条件の価格帯の上限になる。 

当選確率はかなり低くなりそうな倍率に:

ちなみに上限価格で決定…ということは言うまでもありませんが、ゆうちょ銀行とかんぽ生命のIPO抽選申込に応募した方の数が多かったということの証拠でもあります。

実際、日経新聞の別の記事によると、ゆうちょ銀行が売出株数の5倍、かんぽ生命では10倍以上のIPO申込があったようなので、このまますべての人が購入手続きをしたと考えると、当選確率はかなり低い数字になってしまいそうな感じですね。

主幹事証券によると、事前の調査でゆうちょ銀は売り出し株数4億1200万株強に対して購入の需要が5倍以上、かんぽ生命は6600万株に対して10倍以上の需要があったという。

親会社の日本郵政のIPO抽選申込はまだ可能:

尚、ゆうちょ銀行とかんぽ生命の親会社である、日本郵政のIPO抽選申し込みはまだ可能です。23日の申込まで受け付けてくれるので、IPO抽選受付のある証券口座をお持ちの方は申込を忘れないようにしてください。

また、「証券会社の口座なんて持ってないよ」という方も、カブドットコム証券であれば21日の午前中くらいまでに口座開設申込をしておけばギリギリ申込には間に合うことでしょう。 

以上、ゆうちょ銀行とかんぽ生命のIPO売り出し価格が仮条件価格帯の上限で決定。残る1社、日本郵政のIPO抽選申込は23日までです…という話題でした(投資は自己責任にて)。

参考リンク:

証券口座をこれから開設しようとしている方は、下記記事なども参考にどうぞ。

PAGE TOP