クレジットカードの読みもの

クレジットカードに関する様々な知識や使い方を「読みもの」として紹介していくサイトです。

日本郵政やかんぽ生命、ゆうちょ銀のIPO抽選申込期間はいつから?今からでもまだ間に合う、日本郵政3社のIPO応募期限について。

http://www.flickr.com/photos/92828452@N07/13562869955

photo by kinpi3 *1

日本郵政、かんぽ生命、ゆうちょ銀行のグループ3社が一気に新規上場を果たす2015年11月。

このIPOへの抽選申し込み(ブックビルディング)はいつから可能なのでしょうか?今回はそのあたりの時期について調べてみました。

IPO抽選申込期間は10月8日から:

結論から先にいってしまうと、日本郵政グループ3社のIPO応募は2015年10月8日から可能です。

期間は日本郵政が10月23日まで、ゆうちょ銀行とかんぽ生命については10月16日までと短い期間が予定されているので、IPO抽選に参加したいと思っている方は早めに申込をするようにしてください。 

  • 日本郵政:10月8日~10月23日
  • ゆうちょ銀行:10月8日~10月16日
  • かんぽ生命:10月8日~10月16日

IPO申込は今からでも間に合うの?

ここで気になるのはIPO抽選への応募には、今から口座開設をして間に合うのかどうか…についてですよね。

これはご安心ください。今ののところIPO抽選申込期間が終わるまでにまだ期間があるので、下記にまとめてあるネット証券会社であれば大抵、日本郵政IPOに応募が可能です(10月7日時点での状況)。

唯一、岡三オンライン証券だと口座開設までに時間がかかりすぎてしまうため、ゆうちょ銀行やかんぽ生命のIPO抽選申し込みには間に合わないかもしれません。口座開設をするなら事前に問い合わせをするようにしてくださいね。

カブドットコム証券ならギリギリまで応募OK:

http://www.flickr.com/photos/37921614@N00/6919404645

photo by JanneM

『いやいや、この記事を読むのがIPO抽選申込期間の終わりごろになっちゃったんだけど、今からでも間に合うの?』という方もご安心ください。なぜならカブドットコム証券では証券会社の口座開設がネット上での手続きのみで可能なため、抽選期間ギリギリであっても申込が可能なためです。

だいたい日本郵政であれば10月21日頃、ゆうちょ銀行やかんぽ生命であれば10月14日頃までに口座開設の申込をしておけばIPO応募が可能だと思われますので、ギリギリになってしまった方はカブドットコム証券で口座開設をするようにしてみてください

ちなみにカブドットコム証券は今回、日本郵政の新規株式公開における主幹事証券会社である、三菱UFJモルガン・スタンレー証券から割当をもらっているため、当選確率が高いであろうというメリットもありますよ。そういった意味でもおすすめの証券会社ですね。

SBI証券よりも松井証券のほうが今回は狙い目?

同様にSBI証券でも口座開設スピードは早いのですが、こちらはIPO抽選の仕組みが平等抽選ではないために、口座開設したばかりの新規客では当選確率が低くなりそうな感じ。

そのため、カブドットコム証券以外で郵政IPOを狙うなら、平等抽選が期待できる松井証券あたりが無難でしょう(松井証券の場合には証券口座開設までに4~5日程度の期間が必要になるようなので、ギリギリの応募では間に合いません)。

以上、日本郵政やかんぽ生命、ゆうちょ銀のIPO抽選申込期間はいつから?今からでもまだ間に合う、日本郵政3社のIPO応募期限について…でした。下記の記事でも書かせていただいたように、日本郵政グループ3社のIPOは公募価格よりも値上がりする可能性が高いので、是非、当選目指してIPO抽選申込を検討してみてくださいね*2

cards.hateblo.jp

日本郵政関連の参考リンク:

その他、日本郵政の新規株式公開に関連する記事を並べておきます。お時間がある方は併せてどうぞ。

*1:画像は日本郵便ですが、日本郵便は今回新規株式公開をしません。

*2:投資は自己責任にてお願い致します。

PAGE TOP