クレジットカードの読みもの

クレジットカードに関する様々な知識や使い方を「読みもの」として紹介していくサイトです。

ニコスカード、DCカード、MUFGカードの発行枚数はどのくらい?参考までに三菱UFJニコスのクレジットカード会員数を紹介します。

f:id:cardmics:20170619154834j:plain

1990年頃、クレジットカードといえばニコスカード(旧名:日本信販)…というくらいに栄華を誇っていたこのブランドですが、最近ではその名前をまったくといっていいほど聞かなくなりましたよね(その辺の事情については下記記事を参照)。

そのため、現在だとどのくらいの発行枚数があるのか気になる…という方は私以外にも多いはず。

そこで今回は三菱UFJニコスが発行をしている、ニコスカード、DCカード、MUFGカードの3ブランドのクレジットカード発行枚数を紹介してみたいと思います。2017年現在ではどのくらいの方がこのクレジットカードを使っているのか是非、参考にしてみてくださいね。

ニコスカード、DCカード、MUFGカード発行枚数:

早速、ニコスカード、DCカード、MUFGカードの発行枚数を紹介させていただきます(月刊消費者信用 2017年7月号に掲載の数字。三菱UFJニコス単体の発行枚数)。

  • MUFGカード:347.2万枚
  • DCカード:415.5万枚
  • ニコスカード:863.7万枚

この数字が多いか少ないかを判断するため、参考までに日本国内のクレジットカード総発行枚数をお伝えすると、これは2016年3月末時点で2億6,600万枚。そう考えると『あのニコスカードがこのくらいか…』と、やや物足りない数字という感じがしますよね。

反面、今、勢いのある楽天カードの発行枚数はだいたい1,400万枚、ここ10年ほど人気が高いイオンカードの会員数が2,692万人いることを考えると、ニコスブランドとしては伸び悩みを見せているということも出来そうです。

FCを含めると3,120万人:

では、ほんとうにニコスカードやDCカードの発行枚数が細ってしまっているのか…というと、実はそんなこともなく、これらのブランドには滋賀ディーシーカードや福井カード、札幌北洋カードなどのグループ企業が存在。

これらのニコスブランドやDCブランドのカード発行会社の発行枚数を含めると、だいたい3,120万人の会員数がいるようなので、こちらも含めればまだまだ楽天カードやイオンカードには負けないブランド力を保有しているとも言えるのかもしれません。

  • 三菱UFJニコス単体:1,695万枚
  • 三菱UFJニコス(グループ会社含む):3,120万枚
  • 楽天カード:推定1,400万枚
  • イオンカード:2,692万枚

テレビCMも地味に放送している:

f:id:cardmics:20170531190101j:plain

ちなみに。

ニコスカードにしろDCカードにしろ、頻度こそは少ないですが未だにテレビCMを放送中。そのため、カード発行に対して消極的なのではなく、むしろまだまだ発行枚数を伸ばそうとしている状況なので、ニコスカードやDCカードのクレジットカードがほしいと思っている方はこの機会に作成を検討してもらえればな…と思います(下記は三菱UFJニコス発行のクレジットカード)。

以上、ニコスカード、DCカード、MUFGカードの発行枚数はどのくらい?参考までに三菱UFJニコスのクレジットカード会員数を紹介します…という話題でした。

参考リンク:

日本国内全体のクレジットカード発行枚数についてもっと詳しく知りたい…という方は下記記事を参考に。近年、減少傾向にありましたが、まだ増加傾向に戻りつつありますよ。

news.cardmics.com

PAGE TOP