クレジットカードの読みもの

クレジットカードに関する様々な知識や使い方を「読みもの」として紹介していくサイトです。

沖縄県内の世帯では45%弱しかNHK受信料を払っていない!受信料回収に必死なNHKは、ヤフー公金支払いを導入予定です。

f:id:cardmics:20180404120448j:plain

2013年5月28日にNHKが発表した、2012年度の『受信料の推定世帯支払い率』という資料に目を通してみると、どうやら沖縄の世帯では44.3%しかNHK受信料を支払ってないそうです。

実に半分以下…すごい不払い率ですよね、これ(こちらから引用)。

平成24年度末のNHK放送受信料の推計世帯支払率は、全国値で73.4%となり、23年度末と比べて0.9ポイント向上しました。また、47都道府県すべてにおいて、前年度値を上回りました。(中略)

■都道府県別の状況

  • 47都道府県すべてにおいて、前年度値よりも向上
  • 年間で最も伸びたのは沖縄県。2.3ポイントの向上
  • 東日本大震災の被害が大きかった岩手、宮城、福島の3県については、年間1ポイント以上の向上
  • 大都市圏である東京・大阪などにおいては、年間0.8ポイントの向上
  • 推計世帯支払率が90%を超えたのは秋田、島根、新潟、鳥取、山形の計5県(前年度は3県

この数字が突出してしまって霞んで見えますが、東京都の61.6%という数字もたいがいに低い数値。まぁテレビを見てなくても高い受信料を払わなくてはいけないのですから、受信料を払いたくない気持ちってヤツもよくわかります。

NHK受信料のその不払いについて:

そんなNHKも低い支払い率に困り気味:

NHK側としても、そんな低い支払い率のままで放置しておくわけにはいかないようで、1%でも不払い率を下げる方法を考えているようです(今のままでは支払っている人がむしろ、不公平感を覚えてしまいます)。

そこでこの12月にNHKが導入したのがヤフー公金支払い。ご存知ヤフージャパンの支払いサービスを使って、いつでもNHK受信料をクレジットカード払い出来るようになる仕組みのことです。

対象となるのは下記の条件を満たす方。

  1. 自宅に支払い請求書が送られてくる方
  2. クレジットカードを持っている方
  3. ヤフーIDをお持ちの方

これらの対象となる方であれば、インターネット上にNHK受信料の支払い番号等を入力することで、簡単に即時決済ができる模様。なるほど、確かに簡単ですね。コンビニ払いなどが面倒だという方は是非、試してみてください。

ヤフー公金払いは都度払いです。定期的にクレジットカード払いをしたい方はNHKの公式サイトから手続きをしてください。

NHKがクレジットカード払いを勧める理由:

ではなぜNHKはクレジットカード払いを増やしていこうとしているのでしょうか?

その答えは非常にシンプル。一旦クレジットカード払いの設定さえしてくれれば、その後のNHK受信料はみなさん視聴者からではなく、クレジットカード会社が立て替えて支払ってくれるようになるためです。

  • 銀行振込で徴収:支払いがなかった時にはNHKが回収
  • カード払いで徴収:支払いがなかったらカード会社が回収(NHKはカード会社からお金を貰える)

これでNHKとしては、さんざん苦労していた受信料の回収に、駆けずり回ることがなくなるのですから、そりゃ導入を奨めていくのも当然です。

集金はカード会社に任せる時代:

こんな感じでNHKにしろ東京電力にしろ東京ガスにしろ、いわゆる公共料金の分野では今、クレジットカード払いを積極的に推進中。

詳しくは下記記事にまとめてあるので、このあたりに興味がある方は参考にしてもらえればなと思います。

以上、沖縄県内の世帯では45%弱しかNHK受信料を払っていない!受信料回収に必死なNHKは、ヤフー公金支払いを導入予定です…という話題でした。

参考リンク:

『私もNHK受信料をクレジットカード払いしてみようかな…』と思った方は、下記記事も参考に。クレジットカード払いをするとどのくらい家計の節約になるのかをまとめています。

news.cardmics.com

PAGE TOP