クレジットカードの読みもの

クレジットカードに関する様々な知識や使い方を「読みもの」として紹介していくサイトです。

NHK受信料をクレジットカード払いするとどのくらいお得?NHK料金はコンビニ払いや銀行口座振替ではなく、カードで支払おう。

aafad 167/365 call centre-kun

NHK受信料をクレジットカードを使って支払うことって、本当にお得なんでしょうか?

せっかくなのでコンビニ払い、銀行口座振替(ゆうちょ振替)とくらべて、クレジットカード払いがどのくらいお得なのかを詳しく調べてみました。今後、クレジットカード決済への切替を検討している方はご覧ください。

NHK受信料のお得な支払い方法について:

一番損なのはコンビニ払い:

まず、NHK受信料の支払い方で一番損をするのは、コンビニ払いです。

これは銀行口座振替やクレジットカード払いと比べて、最初から料金が高めに設定されているため、問答無用で高い料金を払うことになります。1年間で考えると600円程度、10年間という長い期間で考えれば6,000円も多めに払わなければいけません。

  • コンビニ払いを1年利用:6000円の損
  • コンビニ払いを10年利用:6,000円の損

まぁ1年程度で考えると大したことはありませんが、5年、10年といった長期で考えると結構バカに出来ない差ですよね、これ。

そのため、現在コンビニ払いでNHK受信料を支払っているという方は、即、クレジットカード払いや銀行口座振替に切り替えるようにしてみてください。それだけで家計の節約になります。

口座振替とクレジットカード払いは同一料金:

では口座振替とクレジットカード払いはどうなのかというと、これらの2つの支払い方法はどちらも同一料金。NHK側が設定している料金自体には差はありません(2018年1月現在の料金*1

契約種別 2か月払額 6か月前払額 12か月前払額
地上契約 口座・クレジット 2,520 円 7,190 円 13,990 円
継続振込等 2,620 円 7,475 円 14,545 円

衛星契約

口座・クレジット 4,460 円 12,730 円 24,770 円
継続振込等 4,560 円 13,015 円 25,320 円

それじゃどこに差があるかというと、それはクレジットカード利用額に応じて貰えるポイント分の差です。地上契約の方であれば年間1万4,000円程度、衛星放送を含む契約の方は2万5,000円程度の受信料を払っていることになるため、この支払い分で貯まるポイント分だけ差が付くことになります。

わかりやすく、どのくらいのポイントが貯まるのかをざっくり計算してみます*2

地上契約のみの場合:
期間 口座振替 還元率0.5% 還元率1.0% 還元率2.0%
1年 0円 70円 140円 280円
5年 350円 700円 1,400円
10年 700円 1,400円 2,800円
20年 1,400円 2,800円 5,600円
30年 2,100円 4,200円 8,400円
50年 3,500円 7,000円 14,000円
80年 5,600円 11,200円 12,400円

率直、10年間払ったところで大した差はありません。平均的なクレジットカードを利用している方の場合には、年間100円前後しかポイントが貯まりません。

衛星放送を含む契約の場合:
期間 口座振替 還元率0.5% 還元率1.0% 還元率2.0%
1年 0円 125円 250円 500円
5年 625円 1,250円 2,500円
10年 1,250円 2,500円 5,000円
20年 2,500円 5,000円 10,000円
30年 3,750円 7,500円 15,000円
50年 6,250円 12,500円 25,000円
80年 10,000円 20,000円 40,000円

衛星放送分を含む料金を支払った場合になると、若干、よくなりますね。それでも吉野家の牛丼が1杯食べられるかどうか。大きいといえば大きいですが、小さいといえば小さいかもしれません。

とはいえ、1度クレジットカード払いに設定さえしてしまえば、これらのポイントが毎年貰えるようになるわけですから、やはり面倒でもカード払いに設定しておくほうがお得。

10年20年という長期で考えると大きな差になってきますよ(銀行口座振替からクレジットカード払いに切り替える手間は、1度だけで済みます)。

ポイント還元率の高いクレジットカードは?

尚、NHK料金の支払いでお得なクレジットカードが欲しい…という方は下記記事を参考に。

ポイント還元率が1.0%以上あるクレジットカードを中心に紹介させてもらっているので、これらのクレジットカードを入手すればNHK料金の支払いでポイントが溜まりやすくなりますよ。せっかくクレジットカード払いにするなら、ポイントをザクザクと貯めてしまいましょう。

news.cardmics.com

カード払いのメリットは他にも:

f:id:cardmics:20170825234448j:plain

NHK受信料をクレジットカード払いするメリットは他にもあります。

  • 支払いを先延ばしすることが出来る
  • ガス料金や電気料金などを同じカードで払うと、支払日管理が楽になる
  • お金がないときはリボ払いなどで凌げる
  • カードの利用明細書で受信料の金額がわかる

まぁ微々たるメリットかもしれませんが、これらは銀行口座引き落としにはないメリットであると言えますね。私は特に支払日管理がラクになるという点がメリットかな…と思ってます。

以上、NHK受信料をクレジットカード払いするとどのくらいお得?NHK料金はコンビニ払いや銀行口座振替ではなく、カードで支払おう…という話題でした。NHK受信料の支払い方法をどれにしようか迷っている方の参考になれば幸いです。

参考リンク:

NHK受信料に限らず、東京電力や東京ガスといった公共料金の支払いもクレジットカード払いでしたい…という方は、下記記事も参考に。

電気代やガス代の支払いについてはちょっとした「落とし穴」があるので、特に一人暮らしの方の場合には敢えてクレジットカード払いしないほうがお得になる場合もありますよ。

news.cardmics.com

*1:「口座・クレジット」となっている部分が、銀行口座振替とクレジットカード払いをした場合の金額。「継続振込等」となっているところが、振込用紙を使った振込やコンビニ払いでの支払いをした場合の金額となります。

*2:還元率というのはポイント還元率のこと。クレジットカードはカードによってポイントが貯まりやすいカードと貯まりにくいカードがあるため、このように還元率別にポイントがどのくらい貯まるかを書いています(詳しくはこちらを参照)。

PAGE TOP