クレジットカードの読みもの

クレジットカードに関する様々な知識や使い方を「読みもの」として紹介していくサイトです。

新卒社員がクレジットカードを申し込む場合、年収はいくらで記入すれば良い?勤務日数が少なすぎて、自分の年収がわからない新社会人へ。

f:id:cardmics:20170819200955j:plain

この3月に大学を卒業し、4月から社会人になった…という方がクレジットカードを申し込もうと思った場合、ぶち当たるのが『自分の年収がいくらなのか?』という問題。これ、いくらで申告すれば良いのでしょうか?

そこで今回は自分の年収がわからない…という新社会人のために、年収欄への記入方法について記事を書いてみたいと思います。働き始めたことだしクレジットカードでも作るか…と思ってる方は是非、参考にしてみてくださいね。

新社会人の年収について:

年収は推測した金額で全く問題ない:

まず、結論から先に言ってしまうと、自分の年収はだいたいの推測金額で全く問題ありません。

たとえば手取りが18万円程度であれば、夏冬のボーナスなどを含めて350万円くらいにはなると思うので、申込書の年収欄に350万円と記入すればOK。

  • 手取り18万円:年収350万と記載OK
  • 手取り25万円:年収500万円と記載OK

まだ1ヶ月しか働いてないよ…という場合でもこれで大丈夫です。間違っても勤続1ヶ月だから年収18万円…とは記入しないようにしてください。

申込欄に書く年収は手取りではない:

あと手取り月収は20万円だから、年収は20万円×12ヶ月でだいたい250万円だ…なんて書いてしまう方は多いのですが、実際に記入すべきなのは手取りではなく総支給額のほうの年収です。

所得税、住民税、社会保険料、会社の積立金などを引く前の金額に掛ける12をし、それに夏冬のボーナスを加えた概算値を、クレジットカード申込の際には年収として記入するようにしてもらえればと思います。

  • 間違い:年収=手取り月収×12ヶ月
  • 正解:年収=(額面の月収×12ヶ月)+ボーナス

詳しくは年収と手取りの違いについて書いた下記記事を参照にどうぞ。

news.cardmics.com

中途採用の社会人も考え方は同じ:

ずっと無職だったけど、先月からやっと働き始めた。こういう場合の年収ってどう記載したらいいの?という場合も考え方は新卒社員と一緒。1年まるまる働いた時の年収を推測してクレジットカードの申込画面に入力すればそれでOKです。

また、フリーターやパート職員でも考え方は変わりません。とにかく1年働いたらどのくらい稼げるかをカード会社には申告してみてくださいね。

カード会社はあなたの月収が知りたい:

f:id:cardmics:20171119234846j:plain

ではなぜ、クレジットカード申込時に書く年収は「推測した年収額」でも良いのでしょうか?

これは単純な話、カード会社が知りたいのはカード申込者にクレジットカードを発行した場合、きちんと返済できる能力があるのかという点のみだから。

要するに年収がいくらか…という点よりも、いかに安定した月収があるのかどうか…という点のほうが実は重要なのです。

  • 重要ではない:年収金額の大小
  • 重要である:安定した収入があるかどうか

そのため、新卒だろうがなんだろうが、正社員として企業に採用されている方であれば比較的簡単にクレジットカードを作ることはカンタン。月収から推測した自分の推測年収を記入すれば、大抵のクレジットカードを作れてしまうと思いますよ。

以上、新卒社員がクレジットカードを申し込む場合、年収はいくらで記入すれば良い?勤務日数が少なすぎて、自分の年収がわからない新社会人へ…という話題でした。

参考リンク:

これからはじめてクレジットカードを作る…という方は、下記記事もあわせてご覧ください。はじめて作る方に適したおすすめのクレジットカードを紹介していますよ。

news.cardmics.com

PAGE TOP