クレジットカードの読みもの

クレジットカードに関する様々な知識や使い方を「読みもの」として紹介していくサイトです。

クレジットカードのネット明細をプリントアウトしようと思ったら、過去半年分しか利用明細書が取得できず慌てる確定申告シーズン。

Busy with these !

確定申告の時期になるといつも思うのですが、クレジットカードのネット明細書ってほんと不便だな~と。なにせ2016年分の利用明細書をプリントアウトしようとしても、過去半年分くらいしか明細書が確認できないカードが結構あるためです。

例えばクレジットカード最大手のひとつでもあるJCBでも、こんな感じ(こちらから引用)。

MyJCBでは、最新のものを含め、最長8ヵ月分のご利用内容が照会できます。

こうなると、こんな問題が生じる可能性があります。

  • 去年2月に、このカードでどんな利用したかな?って確認しようと思っても確認できない。
  • 確定申告用にプリントアウトして保存しておきたいのに、過去半年よりも前のものについては印刷できない!

もちろん毎月毎月、きちんとネット明細を確認してプリントアウトをしておけば良いのですが、面倒くさがって放置してしまうと確定申告時期に利用明細書が入手できない…という困った状況になるかもしれません。

電話でカード明細を取り寄せるしかない:

こうなるともうネット明細上ではどうすることも出来ないため、過去分の明細書を郵送で取り寄せるしか方法はありません。

やり方は簡単。すごい面倒ではありますがカード会社に電話をして『ネット明細を利用しているのですが、2016年1月~9月分の明細書を取得できません。郵送してもらえますか?』と頼めばOKです。

カード会社はシステム開発にお金をかけられない?

実はこういった問題点って、過去にはネットバンクにもある問題でした。しかし今では過去数年分の利用明細書をネットですぐに確認することが出来るようになっています。

そのため、詳しい事情はしりませんが、単純にクレジットカード会社がそういったシステム改善を出来ない理由って、システム開発にお金をかけられないから…ってことだけなのかな?とも思います。

過去半年分から過去数年分の明細保存へ変更ともなると、ハードディスクの増強やシステム改修などが必須ですからね。カード会社の負担増に繋がってしまうのでしょう。

早めに改善してほしいですね:

Accounting

私自身はネット明細をあまり利用しない人間なので、それほど困ることはないのですが、ネット明細のみを利用している方の場合には途方に暮れてしまう方も多いことでしょう(特に直前に確定申告準備を始める方の場合…)。

もちろん毎月きちんとプリントアウトしておけば良い!自己責任だ!と言うことも出来ますが、人間、そんなマメに作業なんて出来ないもんです。それに十分に気をつけていたとしても、1ヶ月分だけうっかり抜けてしまった…なんてこともありますしね。

なんにせよ、カード会社としても業務軽減に繋がるシステム改善になるはずなので、是非とも早めに対応してほしいもの。郵送で都度都度、求められるがままに送っていたら手間なだけなので、早急に改善をお願いできればなと思います。

以上、クレジットカードのネット明細をプリントアウトしようと思ったら、過去半年分しか利用明細書が取得できず慌てる確定申告シーズン…という雑談でした。

参考リンク:

利用明細書のプリントアウトを忘れて経費をつけ忘れてしまった…なんてことをやりたくない方は、最初からネット明細と会計ソフトを連動させる…なんていうのも手です。こちらであれば会計ソフトが勝手にクレジットカードのネット明細を取得して経費として計上してくれるようになるので、総合的に記帳作業がラクになります。

詳しくは下記、クラウド会計ソフトの解説記事をどうぞ。私もこれで確定申告にかける時間が1/3以下になりましたよ。

cards.hateblo.jp

PAGE TOP