クレジットカードの読みもの

クレジットカードに関する様々な知識や使い方を「読みもの」として紹介していくサイトです。

三井住友カードのネット明細書が最大15ヶ月分、閲覧可能に!確定申告シーズンに問い合わせが増えた結果を受けての処置のようです。

f:id:cardmics:20170525235049j:plain

三井住友カード利用者であれば利用可能なインターネットサービス Vpass(ブイパス)。

これ、利用明細書がインターネットを使って簡単に確認できる便利なサービスなんですが、今までは過去6ヶ月分の利用明細書しか確認することが出来ませんでした。

そのため、確定申告シーズンで過去1年分の明細書が必要になった場合には、わざわざ三井住友カード側に電話をし、明細書を取り寄せる…という、果てしなく面倒な作業が必須だったわけです*1

三井住友カード側でも問題を把握:

どうやらこの件については、三井住友カード側でも問題を把握していたようで、今回のシステム改訂では、その保存期間を6ヶ月から15ヶ月に延長する措置を実施したようです。それが今回の『話題』です。

「カードご利用代金WEB明細書」は、三井住友カード会員向けインターネットサービスVpass上で簡単にカードの利用日、利用店舗、利用金額を照会することができるサービスですが、従来、明細書の照会可能期間が6ヶ月に制限されておりました。

そのため、確定申告の時期には、多くのカード会員の方々から、前年1年間分のカードご利用代金明細書の再発行のご依頼をいただいておりました。

前々から出ていた要望?

しかし、前々からこの保存期間はなんとかしてほしいという要望が出ていたのにも関わらず、Vpassがはじまってからもう10年近く…今まで対応されないまま放置されていたのはどうなんでしょうかね。

利用者側が不便というのもありますが、なによりカードを発行する側(三井住友カード)としても無駄な問い合わせや郵送物を発送する作業が増えてしまっていたわけですから、早めに改善したほうが良かったんじゃないかな?と思えてしまいます。

  • 利用明細書の保存期間が1年未満:確定申告シーズンに問い合わせ殺到
  • 利用明細書の保存期間が1年以上:確定申告時期に問い合わせが無い

まぁ、Vpass自体が三井住友カード独自のものではなく、VJA(日本のVISAブランドを管理している場所のようなところ)が作ったシステムみたいなので、その都合もあったのかもしれませんが、それでも大手カード会社にしては遅い対応だったな…と思ってしまう私です。

他カード会社も追随してほしい:

http://www.flickr.com/photos/49486869@N03/4644402706

photo by youthforum

ちなみにこのネット明細の保存期間が短い問題は、三井住友カードにかぎらず他社でも問題になっています(JCBとかポケットカードとか…)。今やサーバー容量が小さくてネット明細を保存しきれない時代でもないでしょうから、三井住友カード同様、早めに改善していってほしいものですね。

以上、三井住友カードのネット明細書が最大15ヶ月分、閲覧可能に!確定申告シーズンに問い合わせが増えた結果を受けての処置のようです…という話題でした。

尚、利用明細書の保存期間が短くて困っている…という方は下記のクラウド会計ソフトというものを利用すると、自動でソフト側が最新の利用明細書を取り込んで経費として記帳してくれるようになるので困らなくなります。記帳の手間も大幅に削減できるのでおすすめですよ。

参考リンク:

個人商店経営者でもフリーランスでも、経費の支払いでクレジットカード払いを使うなら法人向けのクレジットカードを作成して使いましょう。個人向けに発行されたクレジットカードを経費支払いに使うのは、厳密には利用規約違反になりますよ(下記記事を参照に)。

news.cardmics.com

*1:事業者であれば毎月、利用明細書を確認した際にプリントアウトすべきなんですけどね…。なかなかそれを徹底できる方は多くはありませんし、うっかり4月分だけ明細書を印刷しわすれてしまった…みたいなことが発生するので、出来る限り長く、過去の分まで明細書が確認できると助かるのです。

PAGE TOP