クレジットカードの読みもの

クレジットカードに関する様々な知識や使い方を「読みもの」として紹介していくサイトです。

JALとANAの燃油サーチャージが2016年4月から無料に。これで海外航空券購入時でも燃油サーチャージ負担がなくなります。

f:id:cardmics:20170928132735j:plain

JAL(日本航空)とANA(全日空)の燃油サーチャージが2016年4月より無料になるようです。朝日新聞が報じました。

全日本空輸と日本航空は、国際線運賃に上乗せしている燃油サーチャージ(燃油特別付加運賃)を4月からゼロにする。原油安でジェット燃料の価格が下がっているためで、ゼロとなるのは6年半ぶり。海外旅行者が減るなかで、旅行会社は需要の持ち直しに期待する。

海外旅行の旅費が安くなる:

この燃油サーチャージ無料化により、2016年4月からはより、海外旅行や海外出張に行きやすい状況に。

一番高い時だとアメリカ行きで7万円以上もの燃油サーチャージがかかっていた時代もありましたから、そう考えると旅費負担はかなり減ることになりますね。なにせ燃油サーチャージ無料ということは、それだけ負担しなくてはいけない費用が減ることを意味するので、台湾旅行や韓国旅行など身近な海外旅行にも行きやすくなります。

  • 従来:航空券代+燃油サーチャージが必要だった
  • 今後:航空券代のみで渡航可能(空港利用税等は別途必要)

原油価格がまた上がると復活する:

但し、燃油サーチャージ無料の状況が今後ずっと続くかというと、もちろんそんなことはありません。

原油価格がまた上昇し、航空業界でいうところの航空燃油の価格もつられて上がるようだとまた燃油サーチャージが復活する可能性大。これは燃油サーチャージは航空燃油の価格によって決まる金額だからです。

まぁ現在の原油安な状況はそう簡単には解消されないと思うので、この先、少なくとも1年くらいは燃油サーチャージ無料で海外航空券を購入できそうな気もしますが、世の中、どんなことが起きるかは誰にもわかりません。

『とにかく安く海外旅行に行きたい!』と思う方はこのチャンスに渡航を検討してみてくださいね(当然、下記のH.I.S.などの格安旅行も安くなります)。

以上、JALとANAの燃油サーチャージが2016年4月から無料に。これで海外航空券購入時でも燃油サーチャージ負担がなくなります…という話題でした。

参考リンク:

海外旅行におすすめなクレジットカード情報については下記をどうぞ。支払いはもちろん、困った時に助けてくれる存在になると思いますよ。

news.cardmics.com

PAGE TOP