クレジットカードの読みもの

クレジットカードに関する様々な知識や使い方を「読みもの」として紹介していくサイトです。

あえて新聞やテレビが使い分ける、年収と年商の違いについて。あなたは年商金額の大きさだけで、お金持ちかどうかの判断をしてませんか?

Masayoshi Son

「外車販売で年商3億5,000万円の社長!」とか、「タラバガニの通販サイトで年商1億円!」とか、そういったニュースがあふれている新聞、雑誌、テレビなどのメディア。

そんなニュースを真に受けて、『ぉぉ、1億円も稼いでいるのか!この社長さん、若いのに凄い!』なんて思っている方も多いのではないでしょうか?

年収と年商って違うんですよ:

しかしね、常々この風潮には突っ込みたかったんですが、年収と年商の違いって、結構、わかっていない方って多いんですよね。例えば4年近く前に話題になった記事を例にしてみます。

記事によるとこの元AKB48の社長は、年商1億円の若手注目株。ランボルギーニを買うために、車庫付きの一軒家を建築中だそうです。

株式会社アンティミンスを経営している川崎希さん(25)。独学で経営を学び、会社設立後わずか3年で年商1億円を突破した敏腕美人社長だ。 

 会社の事業規模も書かれていたので引用します(2013年現在の情報)。

この年商…というのがクセモノ:

なんか会社設立3年で年商1億円の企業を作った…っていうと凄い!とか、どんなセレブだ…って印象を持つ方がいますが、実は彼女が儲けているかどうかはわかりません。

なにせ、年商1億円というのは商品やサービスなどを販売した1年間の合計金額(売上)に過ぎないため。もしかしたら利益が1億円あるかもしれませんし、場合によっては赤字かもしれません。要するに年商だけでは社長の給料まではわからないのです。

  • 年商:サービスや商品などを販売した売上合計のこと。年商=年間売上高。
  • 年収:実際に自分がもらった儲けのこと。賃金・給与などと同義語
社員20名だと、経営は厳しいと思われる:

ただ年商1億円で社員数が20名となると、結構、厳しい経営かな~という気もします。

仮に社員1人に対して年間300万円の賃金を払っている場合には、それだけで6,000万円の出費ですからね。更に材料費や宣伝費、事務所家賃や接待交際費などを差し引いたら、どのくらい手元に残るかわかりません。

そのため、元AKB48の女性社長が手にできる役員報酬は限りなく低いのではないでしょうか。たぶん最高にもらっていたとしても年収500~800万円程度であると想像します。

言いたいのはメディアの記載方法について:

Crossroads: Success or Failure

ここまでで年商と年収の違いはご理解いただいたかと思いますが、この話の中で私が問題視したいのは、元AKB48の社長のほうではなくメディアの煽り方のほう。

確かに年収と年商では、年商のほうを記載したほうが金額が多くてメディア受けが良いのかもしれませんが、場合によっては年商10億円でも年収300万円くらいの社長さんもいることを考えると印象操作なのかな…とも思ってしまいます。

  • すごく見える:元AKB48の社長が年商1億円
  • あまり凄くない:元AKB48の社長が年収500万円

もちろん間違った報道をしているわけではないので、正しいといえば正しいんですけれどもね…。対策としてはメディアを見ている側である私達が、年商の大きさだけに惑わされないようにするしかありません*1

年商だけならセブンイレブンオーナーも大富豪:

ちなみにこのメディアの報道方法でいうと、セブンイレブンとフランチャイズ契約をしている店舗オーナーは誰しもが大富豪。

なぜならセブンイレブンの1日あたりの売上は平均70万円あるので、1年365日で考えると1店舗あたりの売上は平均でも2億5,000万円にもなるためです。

  • セブンイレブン経営者は誰でも年商2億5,000万円の社長さん

しかし、セブンイレブンの経営者がみんなお金持ちかといえばそんなことはありません。まぁ中には年収にして1,000万円以上稼いでいる方もいるかもしれませんが、ほとんどの方が寝る間も惜しんで仕事をして、年間数百万~500万円程度を稼ぐのがやっとなのではないでしょうか?

いかに年商の大きさには意味がないか…ということが、おわかりいただけるものと思います(セブンイレブンを4店舗も経営すれば年商10億円の社長サンですが、年収はせいぜい1,000~1,500万くらいしかないだろうということ)。

年商と売上高の違いは?

年商と売上高の違いを調べている方も多いですが、基本的に年商と売上高には全く同じ言葉。そのため、年商1億円のIT企業社長みたいな方がテレビに出たら、ああ、月800万くらいの売上がある会社の社長サンなのね…というくらいに思っておけば問題ありません(1億の売上高÷12ヶ月=800万の月間売上)。

あと、月商や日商という言葉もありますが、こちらもそれぞれ月間売上高、1日の売上高です。年商と考え方は一緒なので、それが月間や1日になっただけと考えてくださいね。

年商と年収の違いを理解しよう:

f:id:cardmics:20170924142934j:plain

こんな感じでメディアのいう『年商』という言葉には、みなさん、くれぐれも注意してください。

ここまで解説してきた通り、年商が大きい=年収が多いわけではないので、お金持ちかどうかは原則、年収でのみ判断しましょう!*2

  • 年商が大きい:お金持ちかどうかはわからない
  • 年収が大きい:お金持ちで間違いなし

以上、あえて新聞やテレビが使い分ける、年収と年商の違いについて。あなたは年商金額の大きさだけで、お金持ちかどうかの判断をしてませんか…という話題でした。

参考リンク:

年商と年収の違いだけではなく、他にももっとお金のことを勉強したい…という方は、下記記事などもあわせてどうぞ。お金に強くなれば、もっとお金が貯まるようにもなりますよ。

news.cardmics.com

*1:実際、私の母もテレビを見ながら「この社長さん、年商3億円だって!お金持ちぃ~!」なんて無邪気にはしゃいでます(笑)。もちろん実際にその社長さんがお金持ちかどうかなんて、年商からだけではわかりません。

*2:個人事業主の方や株式会社経営者の中には、ややグレイな方法で年収を少なくしているにも関わらず、リッチな生活をしている方もいるため、一概に年収が低い=お金持ちではないということは出来ません。ただ年収が高い=お金持ちであることは間違いないので、やはり大事なのは年商よりも年収のほうですね。

PAGE TOP