クレジットカードの読みもの

クレジットカードに関する様々な知識や使い方を「読みもの」として紹介していくサイトです。

国民年金保険料の2年前納は、クレジットカード払いの1年前納よりもお得なのか?ポイント獲得分と年金割引額を比べてみました。

http://www.flickr.com/photos/26104563@N00/3798747786

photo by Great Beyond

国民年金保険料の2年前納が2014年より始まりましたが、これ、実は残念ながらクレジットカードを利用しては支払いが出来ません。

  • 2年前納:銀行口座振替のみ
  • 1年前納:クレジットカードで支払い可能

そのため、単純に国民年金保険料の割引額だけをとって比較してみると2年前納のほうがおすすめ…となるわけですが、やはり気になるところはクレジットカードポイント獲得分ですよね。

今回はこれを考慮しても、本当に2年前納を利用したほうがお得になるのかどうかを、ざっくり計算してみました。

2年前納と1年前納カード払いの比較:

まず、2015年現在、2年前納でどのくらいの割引がされるのかを調べてみました*1

前納の期間1回あたりの納付額割引額2年分の割引額
2年前納 355,280円 14,800円 14,800円
1年前納 179,160円 3,840円 7,680円
6カ月前納 90,460円 1,040円 4,160円
当月末振替 15,200円 50円 1,200円

注目すべきは一番右側、2年分に換算した場合の割引額の項目です。やはり2年前納と1年前納には割引額にして、大きな差があることがわかります。

  • 14,800円-7,680円=7,120円(割引額の差)

実はクレジットカード払いはもっと損:

では、この7,120円の差額をクレジットカードポイントで…と計算するのは間違い。実はVISAやJCBといったクレジットカードで国民年金を支払っている場合には、当月末振替の割引である1,200円が対象外になってしまうためです(こちらの申込書より引用)。

クレジットカード納付では、口座振替による当月末振替(早割)は適用されません。また、クレジットカード納付による6カ月前納・1年前納の割引額は、納付書で納めていただいた場合の割引額となります。(口座振替での前納払いによる割引は適用されません。)

つまり正しい計算でいうと、こういう計算式になります。

  • 14,800円-(7,680円-1,200円)=8,320円(割引額の差)

8,320円をポイントで獲得できるかどうか:

http://www.flickr.com/photos/74623592@N00/36365101

photo by narumi-lock

前置きが長くなりましたが、要するにこの割引額の差である8,320円を、クレジットカードポイント獲得分で補えるようであればカード払いをしたほうが得。そうでないなら、銀行口座振替のほうが得ということになります。 

まず算出するのはクレジットカード払いで1年前納を2回、支払いをした場合の合計支払い金額です。

  • 179,160円×2=358,320円

この358,320円をクレジットカード払いした場合には、クレジットカードの種類によってこんな感じのポイント獲得数になります。わかりやすく表にしておきますね。

ポイント還元率獲得ポイント代表的なカード
還元率0.5% 1,791円 三井住友VISAカード
還元率1.0% 3,583円 楽天カード
還元率1.5% 5,374円 漢方スタイルクラブカード
還元率2.0% 7,166円 ダイナースのブラックカード*2

ひとことに国民年金をカード払いする…といっても、利用するクレジットカードによって、獲得ポイント数にこれだけの差があることにも是非、注目してみてください。

2年前納を口座振替したほうがお得: 

…ということで結論が出ましたね。

2年前納を銀行口座振替した場合と1年前納をクレジットカード払いした場合には、ポイント獲得ぶんを考慮しても2年前納のほうがお得です。2年分の国民年金保険料を一括で払える余裕がある方は、是非、2年前納への切り替えを検討してみてください。

残念ながら『2年分も一括で払えないよ!』という場合には、引き続きポイントがたまりやすいクレジットカードを活用した、1年分や半年分の前納がお得ですよ(国民年金を支払うなら、ポイントがたまりやすいカードで払いましょう)。

以上、国民年金保険料の2年前納は、クレジットカード払いの1年前納よりもお得なのか?…という疑問解決記事でした。

*1:この金額は2015年現在の年金保険料なので、毎年、少しずつ変わります。

*2:ダイナースクラブ プレミアムカード利用時のポイント還元率です。通常のダイナースクラブカードではこのポイント還元率になりません。

PAGE TOP