クレジットカードの読みもの

クレジットカードに関する様々な知識や使い方を「読みもの」として紹介していくサイトです。

マイナンバー通知カードを無くしてしまった…という時の対処法まとめ。マイナンバーは確定申告に必要なので、早めに再発行の手続きを!

f:id:cardmics:20170204124316g:plain

今回は『マイナンバー通知カードを無くした』とか、『たぶん自宅にあるんだろうけれど、どこにあるのかわからない…』といった、マイナンバー通知カードを紛失してしまったという方のために、その対処法をわかりやすくまとめてみたいと思います。

通知カードとは住民のひとりひとりに個人番号を通知するものです。

通知カードは、紙製のカードで、住民にマイナンバー(個人番号)をお知らせするものです。

券面にはお住まいの市区町村の住民票に登録されている「氏名」「住所」「生年月日」「性別」と「マイナンバー(個人番号)」等が記載されています。

特にこれからは確定申告や転職&就職のシーズン。

通知カードに書かれたマイナンバー(個人番号)がないとなにかと困ることも多いため、紛失に気付いた方は早め早めに再発行手続きをしてみてくださいね。

マイナンバー通知カードの再発行方法:

まず、マイナンバーの公式サイトによると、通知カード紛失時には下記の対応をするのが良いとのこと。どうやら警察に遺失届を出した後に市区町村の役所に行く…というのが、再発行手続きの主な流れになるようです。

<通知カード紛失の場合>

警察に遺失届を出して頂き、受理番号を控えて下さい。その後、お住まいの市区町村へ届け出をしていただき、通知カードの再発行のお手続きをおとりください。

自宅内で紛失した人は警察に行かなくてOK:

こう書くと『えっ、マイナンバー通知カードをなくしたくらいで警察に行かなくちゃいけないの?』と思われるかもしれませんが、外出中に通知カードを失くした場合にはその個人番号を悪用されてしまう可能性がゼロではないため届け出は必須。これはもう、そういうものだと思うようにしてください。

反面、自宅内でマイナンバー通知カードをなくしてしまった…という場合には、悪用される可能性が限りなくゼロに近いために、警察への遺失届を出さずに直接、市役所や区役所などに行っても再発行手続きをしてもらえるようです。

  • 外で紛失:警察で遺失届を出す必要性あり
  • 自宅で紛失:そのまま役所にいけばOK

もちろん、自宅で通知カードをなくした…という場合でも、警察に遺失届を出すメリットあり(空き巣などの泥棒に取られているかも?)。そのため、「どこでなくしたかわからない…」という方も、面倒くさがらずに遺失届を出しに行くようにして貰えればと思います*1

再発行手続きに必要なもの:

次に市町村の窓口でマイナンバー通知カードを発行しなおしてもらう場合に、必要なものとしては下記の通りです。

  1. 身分証明書(運転免許証やパスポート、健康保険証など)
  2. 再発行手数料500円
  3. 遺失届の受理番号

3番目の受理番号については、前述のように自宅内で通知カードがわからなくなった場合には不要でOK。役所にてどのような経緯でマイナンバー通知カードをなくしてしまったのかといった理由を聞かれる場合がありますが、身分証明書と再発行手数料だけで再交付手続きは完了します。

ちなみにマイナンバー通知カードを焼失、つまり火災などで燃やしてしまった可能性があるという方は、消防署などが発行してくれる罹災証明書が必要になります。盗難などとはまた違った手続きが必要になるのでご注意ください。

通知カード再交付にかかる期間&日数:

Japanese Post bike

最後、マイナンバー通知カードは再発行手続きをしたその瞬間に交付してもらえるわけではありません。一般的には自宅へ郵送してもらうことでの受け取りとなるので、再発行までにはある程度の日数が必要になると思ってください。

気になるその期間は…というと、概ね3週間~1ヶ月程度はかかるようなので、確定申告や転職&就職等でマイナンバー(個人番号)が必要だという方は、冒頭でも書いたように早めにその再発行手続きを踏むように。

仮に再申請が遅れてしまうとなにかと困ることになりますよ(つくば市より引用)。

通知カードは,全国の市町村がカードの作製を委託する地方公共団体情報システム機構(J-LIS)で作製されます。そのため,通知カード再交付申請から受取までには,日数がかかります。

再交付申請された通知カードは,申請受付後,住民票の住所宛に送付します。(簡易書留,転送不要,世帯主宛)

以上、マイナンバー通知カードを無くしてしまった…という時の対処法まとめ。マイナンバーは確定申告に必要なので、早めに再発行の手続きを…という話題でした。

参考リンク:

確定申告を楽に済ませたい…という個人事業主の方は、下記記事も参考に。クラウド会計ソフトを利用すれば、ほぼ自動的に青色申告に必要な帳簿を作り上げることができますよ。 

news.cardmics.com

*1:尚、マイナンバー通知カードではなく、写真付きのマイナンバーカードのほうを紛失してしまった…という場合には、至急、個人番号カードコールセンターに電話連絡を入れる必要性があります。こちらは通知カード紛失よりもオオゴトになりますよ。

PAGE TOP