クレジットカードの読みもの

クレジットカードに関する様々な知識や使い方を「読みもの」として紹介していくサイトです。

無職でも個人事業登録すればクレジットカードは作れる?赤字の個人事業主はカードを作れるのに、無職がクレジットカードを作れない理由。

f:id:cardmics:20180404115437j:plain

現在無職、収入0円という方は残念ながらクレジットカードを作ることは出来ません。しかしなぜか収入がマイナス、つまり赤字の個人事業主の場合にはクレジットカードは作ることが出来ます。これって何故なんでしょうか?

そこで今回はざっくりとクレジットカードの入会審査について書いてみたいと思います。なぜ無職と個人事業主には差があるのかについて興味がある方は読んでみてくださいね。

無職がクレジットカードを作れない理由:

無職は赤字ではないのになぜ作れない?:

まず、単純に無職と赤字の個人事業主を比較してみると、こんな感じですよね。

  • 無職…収入0円だが赤字ではない
  • 赤字の個人事業主…収入がマイナス

これだけを考えると、無職もクレジットカードを作れそうな気が…。だって個人事業主と比較したら、赤字じゃない分だけ上ですからね。考え方によってはお金が減っていかない分だけ、無職のほうが安定しているとも言えます。

お金の動きが重要:

しかし実際に重要視されるのは、お金の動きのほう。特に入ってくるお金があるかないかをクレジットカード会社は見ています。

  • 無職…入ってくるお金は0円
  • 赤字の個人事業主…収支はマイナスだが、お金は入ってくる

つまり無職で貯金がない方の場合には、入ってくるお金は0円。みなさんがカード発行会社内の人間であれば、そんな人にクレジットカードを渡して好き勝手に買い物をさせたいと思うでしょうか?

まず無理ですよね(苦笑)

個人事業主は赤字でも余裕がある場合も:

その点、個人事業主の場合にはたとえ赤字であったとしても、お金に動きがあればクレジットカード返済にお金を回すことが可能。

たとえば支払いをすべきお金(買掛金)の支払日が遅く、入金される予定のお金(売掛金)が早く入ってくるような事業であれば、事業全体が赤字であっても手元にお金が貯まっていくこともあります。

また、個人事業主の方は節税のためにわざと事業を赤字にする方もいるくらいなので、こういった個人事業主ならではの「事情」をカード会社は充分に知っているのですね*1

結果、赤字であっても個人事業主であればクレジットカード入手が出来ることがある…というわけです(個人事業主でも作れるクレジットカードは下記記事を参照)。

news.cardmics.com

無職の方でクレジットカードが欲しいなら:

f:id:cardmics:20170819201031j:plain

ここで賢い方は、『だったら無職も個人事業主になれば良いじゃないか?』と思われるかもしれません。なにせ個人事業登録は税務署にいけば0円で出来るので、無職であっても即座に個人事業主になれます。

しかし、これは半分正解。

実際には創業間もない事業で、収入が0円の場合にはクレジットカード会社から電話などで事業内容を問われるケースが多いためです。

ここできちんと自分がやろうとしている事業を説明できる方であれば問題ないと思いますが、曖昧な答えに終始してしまうと事業年数の浅さで審査落ちしてしまう可能性大。

まぁ…そうは都合よくいかないので、クレジットカードが欲しいのであればやはりどこかに就職するか、自分で事業を興すなどして収入を確保してみてくださいね。

以上、無職でも個人事業登録すればクレジットカードは作れる?赤字の個人事業主はカードを作れるのに、無職がクレジットカードを作れない理由…という話題でした。

参考リンク:

余談ですが楽天カードは審査が甘すぎて「職業:スナイパー」でも発行できる…なんて噂がたったことがありますが、これは残念ながら都市伝説です。

ただ、楽天カードは無職であっても銀行預金等の資産がある方であれば作成できる余地があるクレジットカードとなっているので、興味がある方は下記記事も併せて読んでみてください。体調や病気等で働くことが出来ない方などにおすすめですよ。

news.cardmics.com

*1:税金は所得に対してかかるため、事業を無理やり赤字にして所得税や住民税の支払いを0円にしようとする個人事業主は多いです。

PAGE TOP