クレジットカードの読みもの

クレジットカードに関する様々な知識や使い方を「読みもの」として紹介していくサイトです。

注意喚起のため、三菱東京UFJ銀行の公式サイトが怪しさ満点に!これがフィッシングサイト例だと言われても、信じちゃうレベルです。

フィッシング詐欺の標的にされている三菱東京UFJ銀行の公式サイトが、逆に怪しさ満点なデザインになっていると話題になっています(日本最大のメガバンク)。

2014年3月17日現在の、デザインの状態をスクリーンショットしてみました。

f:id:cardmics:20140317210142g:plain

1990年代のチカチカするサイトのよう:

見てもらえればわかりますが、横スクロールしている箇所、チカチカと点滅している箇所が多いため、まるで1990年代のウェブサイトみたいな感じ…。

昔は私もホームページビルダーで、こんな感じの点滅サイトを作りましたね(苦笑)。まさか2014年にもなって当時のデザインを彷彿とさせるような、チカチカデザインをまた見るとは思いもしませんでした。

これがフィッシングサイトだと言われても信じます:

そのため、これが逆にフィッシングサイトだと言われても私は信じちゃうレベル。

三菱東京UFJ銀行のインターネットバンキングを利用しているという方は、『本当にここでIDやパスワードを入力しても大丈夫なんだろうか…』と、さぞかし心配になるデザインなのではないでしょうか?(むしろ偽物のフィッシングサイトのほうが公式サイトっぽいデザインになっているはず)

  • 本物のメガバンクサイト:チカチカ、安っぽいデザイン
  • 偽物のフィッシングサイト:公式サイトっぽい落ち着いたデザイン

うーん、いくら注意喚起のためとはいえ、やり過ぎもまた問題。企業責任を果たすためにも注意喚起は必要ですが、どのくらい目立たせるかのさじ加減って難しいんだな~…と勉強になりました。

以上、注意喚起のため、三菱東京UFJ銀行の公式サイトが怪しさ満点に!これがフィッシングサイト例だと言われても、信じちゃうレベルです…という話題でした。

参考リンク:

今回のフィッシング詐欺以外にも、クレジットカード情報等を盗み取ろうとする関連犯罪は多くあります。『少しでも対策を立てておきたい!』という方は、下記記事もあわせてどうぞ。

news.cardmics.com

PAGE TOP