クレジットカードの読みもの

クレジットカードに関する様々な知識や使い方を「読みもの」として紹介していくサイトです。

三菱東京UFJ銀行が開発中の仮想通貨「MUFGコイン」は、もう少し利用者にメリットがないと普及しない仮想通貨になりそうな感じ。

MUFG

まだまだ開発中…という話ではありますが、大手メガバンクのひとつである三菱東京UFJ銀行が、MUFGコインという新しい仮想通貨を現在、開発中のようです。朝日新聞が報じました。

三菱東京UFJ銀行は、独自に開発中の仮想通貨「MUFGコイン」を来秋、広く一般の利用者向けに発行する。

ITを活用した金融サービス「フィンテック」の一環で、大手行が仮想通貨を一般向けに発行するのは世界で初めて。利用者同士が手軽にやり取りをしたり、割安な手数料で外貨に交換したりできる。信用力が高いメガバンクの本格参入で、仮想通貨の裾野が広がりそうだ。

サービス提供開始は2017年秋頃:

記事によるとMUFGコインのサービス開始は2017年秋頃を予定。

サービス内容としては利用者同士が気軽に送金できたり、外貨に交換できるなどがメインのようなので、どちらかというと仮想通貨というよりかは「利用者同士で送金可能な電子マネー」というほうが近いのかもしれません。

利用者同士はわずかな手数料でコインをやり取りでき、会食後の「割り勘」などでの利用が想定されている。空港で外貨に換えて引き出すこともでき、手数料も大幅に安くなるという。

MUFGコインが普及するかどうか:

ではMUFGコインは爆発的に普及するのかどうか。

これはMUFGコインを使って支払いができる加盟店をどこまで増やせるかはもちろんなんですが、個人的には送金手数料がどこまで安くなるか…のほうに受け入れられるかどうかのカギがあるように思います。

例えば友達のAさんにアプリを使ってMUFGコインを送金したら108円の手数料がかかった…みたいなことになれば、普及するどころか利用者すら確保が難しい状況になってしまいそうな感じ。そうではなく送金金額の1%以下、理想をいえば0.3%程度にしてくれることができたら、もしかしたら現金の代わりにMUFGコインが普及する可能性もありそうな気がします。

  • 普及しない:送金ごとに108円の手数料
  • 普及しない:送金に3%の手数料
  • 普及するかも?:送金に1%以下の手数料

手数料が高くなりそうな予感:

ただ正直なところ、大手銀行が提供をはじめるサービスで、そんなにも手数料が安いものなんて想像できないので、実際にはSuicaや楽天Edyにかなわない程度の、『そういやそんな仮想通貨もあったな…』という程度の電子マネーとして終わる可能性は大かも…。

下手するとMUFGコイン購入だけでなく、MUFGコインを銀行預金に戻す時にも手数料がかかる…といったような、往復で手数料がかかる仮想通貨になっちゃう可能性も少なからずあるように思います(苦笑)

まぁ良い意味で予想を裏切ってくれて、MUFGコインが世界で使える仮想通貨になってくれたらそれはそれで嬉しいんですが、今のままだと加盟店開拓を含めて難しい点が多いなーという印象ですね。

あとMUFGコイン利用者同士で割り勘の精算を行えるくらいになるためには、日本国内だけでも利用者数が数千万人規模にならないといけないので、こちらもあまり現実的ではないのかなという気がします*1

以上、三菱東京UFJ銀行が開発中の仮想通貨「MUFGコイン」は、もう少し利用者にメリットがないと普及しない仮想通貨になりそうな感じ…という国内ニュースでした。

参考リンク:

Suicaやnanacoといった、日本で発行されている主要なプリペイドタイプの電子マネー一覧は下記記事をどうぞ。各電子マネーの利用メリットなどもまとめていますよ。

cards.hateblo.jp

*1:すでに利用者数が数千万人以上のSuicaや楽天Edyで利用者同士の送受信が出来るようになれば、MUFGコインの利用価値はほぼゼロになりそう。そういった市場リスクまでを含めて、三菱東京UFJ銀行が開発していることを祈ります。

PAGE TOP