クレジットカードの読みもの

クレジットカードに関する様々な知識や使い方を「読みもの」として紹介していくサイトです。

三井住友VISAカードの引き落とし日は変更できる!入金日や給料日に合わせ、毎月26日振替か毎月10日振替のどちらかを選ぼう。

f:id:cardmics:20170503091855j:plain

日本国内だけでなく、世界各国で利用可能なVISAカードである『三井住友VISAカード』。

あまり知られていませんが、このVISAカードの銀行口座引き落とし日は別の日に変更可能ということはご存知でしたでしょうか?

今回は銀行口座振替日を変更したい…という三井住友VISAカード保有者向けに、口座振替日の変更についての情報を紹介してみたいと思います。

三井住友VISAカードの口座振替日:

毎月10日か毎月26日で選択可能:

まず、三井住友VISAカードで選択可能な利用代金の引き落とし日は下記の通り。

  • 毎月10日の引き落とし
  • 毎月26日の引き落とし

残念ながらこれら2日以外を指定することは出来ませんが、現在、毎月10日に引き落としがかかっている方であれば26日に、26日に引き落としがある方なら10日への変更が可能です。

利用対象期間ももちろん変更へ:

では毎月10日に引き落としがかかっている人が、毎月26日に変更した場合にはその分だけ支払いが先延ばしされるのか…というと、これはもちろんNO。あくまで支払対象となる期間もそれに応じて変更になるだけです。

  • 毎月1日~末日までの利用…毎月26日払い
  • 毎月16日~翌月15日までの利用…翌々月10日払い

つまり、どちらの引き落とし日を選んでも支払いサイクルには変更がないということ。切替を行った月のみ支払いが変則的になりますが、それ以降はいつも通りのペースで三井住友VISAカードを支払いに使うことが出来ますよ。

毎月26日払いが個人的におすすめ:

ちなみに。

個人的には給料日がいつとか関係なしに、毎月の支払いが翌月26日に請求が来るほうがわかりやすくて好きです。毎月16日~翌月15日の金額を翌々月10日に払うって、なんか中途半端すぎな印象ですからね。

その点、毎月26日払いであれば、その月に支払った代金を翌月26日に払えばOKなのでわかりやすいのがメリット。1月分は2月26日、2月分は3月26日…といったように、月単位でお金の管理が出来るので便利です。

f:id:cardmics:20140623140227g:plain

給料日が月後半の方に26日振替は便利:

あと毎月26払いのメリットはもうひとつ、それは多くの社会人にとって給料日は20日か25日であるという点です。

毎月26日のクレジットカード代金振替であれば給料日直後に引き落としがかかるようになるので、銀行口座にお金がなくてカード代金の引き落としができなかった…なんてことも減るはず。

  • 毎月20日が給料日の方:26日引き落としがラク
  • 毎月25日が給料日の方:26日引き通しがラク
  • 月末入金が多い自営業の方:10日引き落としがラク?

あまり知られていませんが支払い遅延をするとカード会社からの信頼を失うだけでなく、個人信用情報が傷つく結果にも繋がるので、口座残高が足りなくなることが多い…という方は25日への振替日を変更をしておくと安心ですよ。

以上、三井住友VISAカードの引き落とし日は変更できる!入金日や給料日に合わせ、毎月26日振替か毎月10日振替のどちらかを選ぼう…という話題でした。毎月10日払いや26日払いのVISAカードをお探しの方は、この機会に三井住友VISAカードの作成を検討してみてくださいね。

参考リンク:

三井住友VISAカードについてもっと詳しく知りたい…という方は、ポイント制度やサービス内容等をまとめた完全ガイドもご覧ください。世界で使えるVISAカードの魅力がわかりますよ。

news.cardmics.com

PAGE TOP