クレジットカードの読みもの

クレジットカードに関する様々な知識や使い方を「読みもの」として紹介していくサイトです。

LINEがついに株式公開へ!東証への上場申請はすでに終わり、2014年11月頃に新規上場する見通し(時価総額は1兆円程度に)。

http://www.flickr.com/photos/78629042@N00/479370088

photo by rednuht

今か今かと騒がれていたLINEの株式公開が、2014年11月頃になるのではないか?というニュースが、Bloombergに掲載されました。

複数の関係者による話…ということで、情報の真偽については若干微妙ですが、主幹事情報までしっかりと掲載されているので、確度は高いのではないでしょうか?

スマートフォン向け無料通信アプリを運営するLINE(ライン)が東京証券取引所に株式上場を申請したことが、複数の関係者への取材で15日までに明らかになった。東証の承認が得られれば11月にも上場する見通しで、時価総額は1兆円以上になるとみている。

時価総額は実に1兆円にも:

LINEのIPOについては、全世界で利用者が急増しているLINEの時価総額が、一体いくらくらいに設定されるのか…という点が争点になりそうな感じですよね。

Bloombergとしては1兆円くらいとしていますが、私個人が思うにはもう少し高めのバリュエーションを付けてもどうにかなるのかな?という印象を持っています。たぶん1兆5,000億くらいに設定しても、IPOでは引く手あまたになるのではないでしょうか?

東証に上場後はニューヨークにも:

ちなみにLINEは東証に上場後、ニューヨークでも新規公開予定のようです。

『ニューヨーク』という表現が果たしてニューヨーク証券取引所なのかナスダックなのかは、現時点ではよくわかりませんが、LINEが日本国内だけでなく世界を見ていることがよくわかりますね。もはや日本市場だけが彼らの主戦場ではないのでしょう。

LINEはニューヨークでも上場する方向で米モルガン・スタンレー や野村と協議を続けているが、別の関係者によれば、上場の時期は東証よりも遅れる可能性もある。

(中略)

ブルームバーグ・ニュースは先月、LINEが日本と米国で上場する方向で、モルガンSや野村と協議を進めていて、東証とニューヨーク証券取引所(NYSE )またはナスダックに同時上場する可能性があると報じていた。米国での上場は依然検討しているが、上場の実現は東証よりも後になる可能性がある。

なんにせよ、LINEが仮に上場すれば今年最大級のIPOになりそうな感じ。IPOで一儲けしようとしている方にとっても、LINE株は喉から手が出るほど欲しい存在になるのでしょう。

追記:2016年5月現在でも未だ上場していないLINE:

http://www.flickr.com/photos/11863277@N00/2596891058

photo by rolfkleef

追記です。

この記事で書いた情報はあくまでこの記事を書いた時点で予測だったんですが、結局、2014年11月どころか2016年5月になっても未だにLINEは株式公開をしていません。現時点でも未だに『◯月には上場するだろう』みたいなニュースが飛び交ってる状況ですね。

ほんといつ上場するのかは内部の人にしかわかりませんが、そろそろ上場しておかないとLINEというビジネス自体に魅力がなくなってしまいかねないので、個人的には今がチャンスだと思います。仮にこれを逃したら時価総額が数千億程度の、よくある企業になっちゃうかもしれませんよ。

以上、LINEがついに株式公開へ!東証への上場申請はすでに終わり、2014年11月頃に新規上場する見通し(時価総額は1兆円程度に)…という話題でした。IPOに応募してみたい、株式投資に挑戦してみたい…という方は、下記記事もあわせてどうぞ。

news.cardmics.com

PAGE TOP