クレジットカードの読みもの

クレジットカードに関する様々な知識や使い方を「読みもの」として紹介していくサイトです。

クレジットカードを使うことで税金が安くなる、ライフアシストポイントの情報まとめ。2014年にはいよいよ導入されるのか?

http://www.flickr.com/photos/68751915@N05/6757895857

photo by 401(K) 2013

クレジットカードを使った人は税金が安くなる。そんな政府の景気刺激策が、もしかすると2014年には導入されるかもしれません。

その名もライフアシストポイント(Life Assist Point 通称LAP)。

なんだかとっつきにくいカタカナ名前ですが、従来あったエコポイントのようなもの…と考えるとわかりやすいと思います。異なるのはエコポイントは住宅や家電といった対象商品が限定されていたのに対し、ライフアシストポイントはどんな分野に対してもクレジットカード払いをすればポイントが貰えるという点くらいです。

  • エコポイント…家電や住宅購入時にポイントが貰える制度
  • ライフアシストポイント…クレジットカードで買い物をすればポイントが貰える制度

カード払いさせて景気刺激する政策:

普通にクレジットカードを使ったら、政府からポイントが貰える…なんて仕組みだとすれば、なんら景気刺激策にはなりませんよね。そのため、まだ正式決定されている内容ではありませんが、仕組み的には『年間50万円以上、クレジットカード払いをしたらポイントが貰える』という条件に今のところなっているようです。

なるほど、これならどんどんクレジットカードを使いますよね。

普段お金を使わない層にお金を使ってもらう政策:

しかし、ある程度お金に余裕のあるセレブな層などは年間50万円以上なんて簡単にクレジットカードを使っているわけですから、ライフアシストポイントは普段あまりクレジットカードを使わない層や、所得が低い層にお金をどんどん使ってもらう政策ということも出来そう。

これで景気に大きな影響を与えられるのかというと、個人的にはやや疑問といえば疑問です。

デメリットは韓国を見れば明白:

http://www.flickr.com/photos/42438955@N05/4347722325

photo by KOREA.NET - Official page of the Republic of Korea

ライフアシストポイント導入のデメリットは、お隣の韓国を見てもらえれば明白。

韓国は10年以上も前から、クレジットカード利用者は税金を安くしてもらうことが出来、且つクレジットカード利用で宝くじにも当たる…といった国策を展開しています。

たくさんご利用されている方には、少しうらやましい、お隣の韓国の例を紹介します。 韓国では、政府による景気刺激策の個人消費拡大策として、クレジットカードの利用を促進するための2つの方策を導入しました。

その一つが「所得控除」で、クレジットカード使用金額が年間給与所得の10%を超える場合、超過額の10%が課税所得から控除される措置です。 つまり、カードを使えば税金が安くなり「おトク」という訳です。

この政策の影響で韓国はすでに世界有数のクレジットカード大国になりましたが、あまりにも刺激させすぎてしまったせいか、今や個人の借金(債務)が膨大になっているという状況も。

要するに国民にクレジットカードを使わせて景気を刺激させようと思ったら、国民が思いの外、カード払いに熱狂しすぎてしまい、結果的に借金だらけになってしまった…ということです。なにごとも限度が必要なんですね。

尚、韓国がクレジットカード払いを推進した理由には、小売店の脱税対策という意味も大きかった模様。下記記事のように、カード払いは現金払いに比べてお金の流れをわかりやすくするメリットがあるので、脱税等の不正を減らす効果もあるのです。

日本のライフアシストポイントでは上限を設ける予定?

そこで日本のライフアシストポイントでは、クレジットカード利用でポイントが得られる上限金額を設定することによって、国民を借金漬けにしてしまうことが無いようにするみたい。これなら過度にクレジットカードを使いすぎる心配がなくなりますよね。

但しその上限をいくらにするか…というのが難しいところ。ただでさえ所得が低い方にとってみれば、その上限すらも大金である可能性があるからです(返済で首が回らなくなる)。

ちなみに日専連という連盟の見解では、

韓国ではクレジットカードの爆発的普及と合わせて、多重債務者が多発して社会問題となったが、日本では割賦販売法の改正、貸金業法の施行により、総量規制と信用情報の登録が義務付けられ、与信上の課題はほぼ解決されている。

となっているようです。

確かに割賦販売法改正により、リボ払いなどの金利が発生する支払い方法には上限が設けられているので、ある程度の抑止力はあるのは事実でしょう。さすがに韓国の事例と同じ過ちをおかしてしまうほど、日本政府は無能ではないと信じたいものです。

ライフアシストポイント実現の可能性は高い:

http://www.flickr.com/photos/68274093@N00/4698609964

photo by NERELORCO

こんなライフアシストポイントですが、個人的には大企業が後押ししているということもあり、来年は無理でもいつかは導入される制度なんじゃないかなと思っています。なにせセブン&アイホールディングスイオンクレディセゾン楽天といった大手企業が推進しているわけです。日本政府も簡単にはNOとは言えません。

今後、なんらかの動きがあれば、当サイト『クレジットカードの読みもの』でまた紹介していきますね。続報にご期待ください。

以上、クレジットカードを使うことで税金が安くなる、ライフアシストポイントの情報まとめ。2014年にはいよいよ導入されるのか…という話題でした。

参考リンク:

クレジットカードを活用してもっと節約したい…という方は下記記事も参考に。カード提示で受けられる割引など、クレジットカードの隠れた保有メリットについてまとめています。

news.cardmics.com

PAGE TOP