クレジットカードの読みもの

クレジットカードに関する様々な知識や使い方を「読みもの」として紹介していくサイトです。

生活がやや苦しい、もしくは大変苦しいと回答した世帯は全体の62.4%!厚生労働省が実施した、2014年の国民生活基礎調査にて。

http://www.flickr.com/photos/44442915@N00/4574733303

photo by gfpeck

厚生労働省が2014年に実施した、国民生活基礎調査にて、調査対象世帯のなんと62.4%もの方が、生活がやや苦しい、もしくは大変苦しいと回答していたことがわかりました。

生活意識は、「大変苦しい」が29.7%、「やや苦しい」が32.7%。両者の合計が「苦しい」で、今回までの最高は11年7月時点の61.5%。

詳細なデータについては厚生労働省の公式サイトにて、PDFが公開されているのでそちらをご覧ください(図解のみ引用させてもらいます)。ご覧いただければ年々、徐々に苦しいと回答している世帯が増えていることがわかります。

f:id:cardmics:20150702201819g:plain

子供がいる世帯では更に顕著な結果に:

この62.4%という数字、実は全体の62.4%もの世帯の方が生活が苦しい…と回答していること自体が問題だとは思いますが、更に子育て世帯に関してはもっともっと、生活が苦しいと回答している比率がアップします(詳細は下記データより)。

f:id:cardmics:20150702202019g:plain

大変苦しいとやや苦しいを併せると、実に67.4%という結果…。2/3以上の世帯が苦しいと回答している状況は間違いなく異常ですよね。

これじゃいくら政治家が少子化が問題だ!もっと子供を生みやすい状況を作ろう!と叫んだところで、なかなか少子化問題は解決するはずがありません。もう少し、なんらかの支援や補助金といったものが、子育て世帯には必要なんだろうと思います。

平均所得以下の収入しか得られていない世帯は61.2%:

加えて、今回の厚生労働省の調査によると平均所得金額は528.9万円という結果になりましたが、この平均所得以下の金額しか稼ぐことができていない世帯は全体の61.2%にも登るようです。

  • 1世帯あたりの平均所得金額:528.9万円
  • 中央値:415万円

要するに一部の高所得者が平均所得金額を引き上げているだけで、実際の平均世帯収入はだいたい400万円前後…というのが実情のよう。なかなかアベノミクスだアベノミクスだと騒いでいても、収入があがるどころか生活が苦しくなってきている方のほうが多そうな感じですね。こちらも合わせて、なんらかの改善が必要だと心から思ってしまう点です。

以上、生活がやや苦しい、もしくは大変苦しいと回答した世帯は全体の62.4%…という話題でした。

PAGE TOP