クレジットカードの読みもの

クレジットカードに関する様々な知識や使い方を「読みもの」として紹介していくサイトです。

ローソンで電子マネーWAON(ワオン)が利用可能に(2015年12月15日より)!イオン利用者層をローソンが取り込めるかに注目です。

f:id:cardmics:20170616215910j:plain

コンビニ大手のローソンで、2015年12月15日より電子マネー「WAON(ワオン)」が使えるようになるようです。

東京新聞などの新聞各社が報道しました。

コンビニ2位のローソンが、流通大手イオンが手掛ける電子マネー「WAON(ワオン)」を導入することが9日、分かった。国内の約1万2000店全てが対象で、12月15日から店頭で決済や現金チャージ(入金)の対応を始める。

ローソンのWAON導入について:

導入の目的はイオン利用者層の取り込み:

ローソンが今回、WAON決済の導入を決めた理由は、やはりイオン利用者層の取り込み、これに尽きることでしょう。

WAONは2015年9月末現在で5,000万以上の発行数を誇る電子マネー。

この利用者をうまくローソンへの来店に結びつけることができれば、先行されているセブンイレブンや合併がさかんなファミリーマートへの対抗になる…と、ローソン経営陣が考えたのではないかと思います(そのファミマではすでにWAON決済導入済み)。

WAONの年間決済額は業界の半分?:

ちなみにWAONの年間決済額、つまりWAONが支払いに使われた金額は約2兆円。

下記記事のように2014年の電子マネー決済額は4兆円市場といわれているので、この数字が仮にほんとうならWAONは電子マネー市場の半分近くを占めている電子マネーということが出来そうな感じです(こちらより引用)。

2008年には決済件数で10億5300万件、決済金額7581億円だったが、2014年には決済件数で40億4000万件、決済金額で4兆140億円にまで達した。電子マネーの利用率は上昇傾向にあるというわけだ。

実際、それを裏付けるように東京新聞にも下記のような記述あり。

イオンによると、ワオンは年間決済額が電子マネー市場の半分近くを占める最大手。2014年度は1兆9300億円だったが、今回の提携で利用環境が広がり、15年度は2兆円の大台を突破する見通しだ。

これはあくまでイオンによると…という数字なので、どこまで本当かは不明。どこの会社も自社の「商品」をよく見せようとするのは当然ですが、WAON導入がローソン復活のキッカケになる可能性は十分に高そうです。

電子マネー決済件数では業界第3位:

尚、年間決済額ではなく利用件数でいうとWAON(ワオン)はSuicaやnanacoに次ぐ第3位。

もしかすると1件あたりの決済額が大きいために決済金額で1位な可能性もありますが、WAON=業界3位のプリペイド型電子マネー…と捉えておくほうが無難かもしれません。時間があれば当サイト『クレジットカードの読みもの』でも、このあたりの数字を調査&まとめてみたいですね。

以上、ローソンで電子マネー「WAON(ワオン)」が利用可能に(2015年12月15日より)!イオン利用者層をローソンが取り込めるかに注目です…という話題でした。

参考リンク:

ローソンでもっとポイントを貯めたいとか、支払いで使うとお得なクレジットカードを知りたい…という方は、下記記事も参考に。うまく活用すればローソンでの買い物代が一気に割引になりますよ。

news.cardmics.com

PAGE TOP