クレジットカードの読みもの

クレジットカードに関する様々な知識や使い方を「読みもの」として紹介していくサイトです。

『京都駅で駅弁を買おうとしたらクレジットカードが使えなかった!』。そんな韓国人観光客の不満の声には、しっかり耳を傾けたほうがいい。

f:id:cardmics:20170717002434j:plain

『京都駅で駅弁を買おうとしたら、クレジットカードによる支払いが出来なかった!』

そんな韓国人観光客による不満がレコードチャイナで記事になっていたので紹介させてもらいます。

このほど訪日した韓国人が「外国人客が多い京都でこれはあんまりだ!」と、憤慨したエピソードをインターネットの掲示板につづった。

京都駅で駅弁を買おうとしたという投稿者だが、ある事情で駅弁を諦め、近くのコンビニエンスストアで売られている弁当で間に合わせた。この弁当も「味は満足」できたそうだが、不満は、クレジットカードを使える駅弁店がなかったことだ。

「片田舎の駅や京都の町の店ならいざ知らず、京都駅の構内の店でカードが使えないとはとても驚いた。いくらカード使用が盛んでない国だとしても、外国人も多い京都駅、しかもスーパーみたいに店がそろった場所で、これはあんまりだと思わないか?」と不満をぶちまけた投稿者に、他のネットユーザーからはなだめるようなコメントが寄せられている。

京都駅くらいは対応してほしい:

これを読んで『いやいや、日本に来たんだから日本の風習にあわせるべきだ!』なんて思った方もいるかもしれませんが、私の意見は韓国人観光客の方とまったく同意見。

外国人観光客が滅多に行かないような地方都市や、日本人のみを相手にしているような飲食店ならともかく、京都という外国人観光客が多い都市でしかも駅構内にあるお店でクレジットカードが使えない…というのはあまりにも不親切だなと思います。

駅弁屋としても機会損失:

また、駅弁を販売しているお店としても機会損失が必ず発生しているはず。外国人観光客というのは潤沢に日本円を保有しているわけではないので、『ほんとは駅弁を買いたいけれども手元に現金がないから諦めよう…』という方だって多いと思うんですよね。

実際、クレジットカード払いが使えるお店がもっと多ければ、日本にお金をもっと落としていったのに…と回答した外国人観光客は70%もいるという統計結果もあるくらい。

それなのに現金払いのみにこだわった結果、獲得できるはずの売上を捨ててしまっていてはビジネスとして話になりません。言葉が過ぎるかもですが、それじゃ経営者としての視野が狭いのでは…とさえ思えてしまいます。

神社仏閣でカード払いが使えないところも多い:

f:id:cardmics:20170705172023j:plain

加えて京都市内にある神社仏閣ではまだまだクレジットカード払いが使えないところも多い(詳しくはこちら)。

個人的には「No CreditCard(クレジットカード払いは使えません)」なんて張り紙を作る暇があるなら、クレジットカード払いを導入すりゃいいのに…と思うんですが、どうしてあそこまで現金払いに固執するのでしょうか?

資金繰りが悪化するとか、手数料が勿体ないとか、売上をごまかせなくなるとか、まぁ、導入しない理由はいくらも想像は付きますが、それよりも外国人観光客による売上を逃してしまっているという現実をもうちょっと直視したほうがいいんじゃないかなと思います。

  • 現金払いのみ:手数料負担はないけれども、見えない機会損失を起こしている
  • カード払いを導入:手数料負担は増えるけれども、売上げアップに繋がる

以上、『京都駅で駅弁を買おうとしたらクレジットカードが使えなかった!』。そんな韓国人観光客の不満の声には、しっかり耳を傾けたほうがいい…という雑談でした。

参考リンク:

もう何十回も書いていることですが、クレジットカード決済を導入すると資金繰りが悪化する…なんて言ってる方は今のクレジットカード決済事情を知らないだけ。最近ではカード払いを使われても翌日 or 翌営業日には決済会社から入金されるので、資金繰り悪化の心配もありませんよ。

news.cardmics.com

PAGE TOP