クレジットカードの読みもの

クレジットカードに関する様々な知識や使い方を「読みもの」として紹介していくサイトです。

高速情報協同組合の法人ETCカードは作成しても大丈夫?心配な方のために、高速情報協同組合とはどんな団体なのかを調べてみた。

f:id:cardmics:20170712151346j:plain

法人向けのETCカードを作りたい!とか、クレジットカードはどうも苦手だからクレジット機能なしのETCカードが欲しい…といった場合に、選択肢として浮上してくる高速情報協同組合(こうそくじょうほう・きょうどうくみあい)のETCカード*1

しかし、高速情報協同組合なんて名前は聞いたこともないし、なんか公式サイトも古くて怪しさ満点だから、ここで法人ETCカードを作っても大丈夫なのかちょっと心配になっちゃう方はきっと多いですよね…。私も最初、そんなイメージを受けたのでその気持ちはよくわかります(苦笑)

そこで今回はそんな不安な方のために、高速情報協同組合とはどんな組合なのかという点について詳しく調べてみました。これを読んでいただければきっと、ここでクレジット機能なしのETCカードを作っても大丈夫だということがおわかりいただけるものと思いますよ。

高速情報協同組合の基礎知識:

高速情報協同組合とは?

まず高速情報協同組合とはどんな組合なのか、公式サイトより引用してみます。

中小企業の事業を多角的にアシストする「高速情報協同組合」。異業種交流や各種共同購買・共同利用を通じて事業経営を効率よくサポートします。

コストの削減や新たな経営戦略に役立つ情報の提供・交流など、経営の促進を目指した事業協同組合です。

う~ん、とりあえず読んでもよくわからない説明だと思うので、私が代わりに説明させていただくと、高速情報協同組合とは中小企業や個人事業主などのビジネスを支援することを目的に作られた組合のこと

法人ETCカード発行業務も、会社の設立当初でETCカードが作れないという経営者のために、高速情報協同組合が窓口になって発行をしてくれているのですね(実際、高速情報協同組合の事業内容にも下記のような記述があります)。

5. 東・中・西日本高速道路株式会社、首都高速道路株式会社、阪神高速道路株式会社、本州四国連絡高速道路株式会社、高速道路通話料ETCコーポレート制度の共同精算事業。

6. セディナ、UC、ETC制度の共同精算事業。

まぁざっくり言えば、ETCが作れない方にもETCカードを発行してくれる、有り難い支援組合なので、別段、怪しい団体でもなんでもありません。

設立は1993年3月:

『事業内容はわかったんだけど、まだちょっと使うかどうかの踏ん切りが付かない…』という方のためにもう一つ、安心材料を。

それは高速情報協同組合の設立は1993年3月と、かなり歴史のある事業組合であるという点です。かれこれ20年以上も事業が継続されていることとなりますので、こちらの法人ETCカードが詐欺かなにかであればとっくの昔に問題になっていることでしょう。

  • 歴史が浅い場合:詐欺行為などがあってもまだ問題化していない
  • 歴史が古い場合:詐欺行為などがあるとすでに問題が顕在化している

少なくとも現状では、ネット上に高速情報協同組合の悪い口コミや評判を見つけることは出来ません。

利益はしっかり出ているっぽい:

むしろ逆に…という話なんですが、高速情報協同組合の所在地と同じ地区(福岡県北九州市)に新しく「ETC協同組合」というものが出来て、こちらも法人ETCカードの発行をしはじめたくらい。

これ、高速情報協同組合が同じような協同組合を近くに設立したのか、それとも高速情報協同組合の成功を見て同業者が真似したのかはわかりません。

しかし、少なくとも利益がでていないビジネスではこのような模倣はありえないので、クレジット機能なしのETCカード発行業務はしっかりと利益が出ている可能性大*2

個人的に『ボランティアでETCカード発行をしているんだよ』と言われると加入して大丈夫かな…と思ってしまうところなんですが、こうしてガツガツと新規のETCカード発行者を集めている姿を見ると安心して申込が出来るなと思えます。

やはりビジネスが成り立たないものにはなんらかの裏があるものなので、組合自体に利益が出ているなら加入しても安心ですね(事業がいきなり停止になることも、組合加入後に別途費用を請求されることもないということ)。

組合って何?という方への解説:

最後に「組合って何?」という方のために、こちらのサイトより組合の解説を引用しておきます。高速情報協同組合は組合は組合でも、事業協同組合事業にあたる協同組合にあたるようです。

事業協同組合

中小企業者が互いに協力し、助け合う精神(相互扶助の精神)に基づいて協同で事業を行い、経営の近代化・合理化と経済的地位の向上・改善を図るための組合で、組合は組合員の事業を支援・助成するためのものならばほとんどすべての分野の事業が実施できます。

組合の設立も4人以上集まればよく、気心の合う同じニーズをもった事業者だけで比較的自由に設立でき、中小企業者にとって非常に設立しやすい組合として広く普及しており、最も代表的な組合です。

従来は同業種の事業者で設立するケースがほとんどでしたが、最近では、異なる業種の事業者が連携してこの事業協同組合を設立し、各々の組合員が蓄えた技術、経営のノウハウ等の経営資源を出し合って新技術・新製品開発、新事業分野・新市場開拓等をめざすものが増えています。

当初はガソリンなどの仕入れ目的で設立:

そして高速情報協同組合の事業内容を見てみると、当初は共同でガソリンや事務機器などを購入して安く仕入れよう…という目的で設立されているっぽいですね。

1. 組合員の必要とする自動車燃料・資材、事務機器及び情報通信機器等の共同購買。

2. 組合員のためにする通話料団体割引制度の共同精算事業。

それが時代の流れとともにETCが普及しはじめ、ETCカード発行業務にも舵を切った…というのが実情でしょう。少なくとも高速情報協同組合が決して怪しい事業組合でないこともおわかりいただけたことと思います。

高速情報協同組合とETC協同組合はどっちがいい?

高速情報協同組合とETC協同組合のETCカードはどちらを作るべきなのか…については、どちらでも好きな方でOK。

個人的には高速情報協同組合のほうが組合としての運営歴が長いので、安心してETCカード作成が出来るかなーという気がしていますが、ETC協同組合のほうが設立間もない企業や事業者にも優しいという話もあるくらいなので、審査が不安な方は最初からETC協同組合のETCカードを申し込むのも一つの手かなと思います(ETC協同組合の公式ページはこちら)。

クレジット機能なしのETCカードを作ろう:

f:id:cardmics:20170929183322j:plain

ここまで高速情報協同組合とはどんなところなのか、安心して申し込めるのかどうか…などなどを解説してきましたがいかがでしたでしょうか?

前述のように申込ページ自体が少し古く、怪しさが出てしまっているページになってはいますが、事業内容自体は決して怪しい協同組合ではありませんので、ETCカードが必要なのであれば安心して申込をしてもらえればと思います。

尚、高速情報協同組合以外でも法人ETCカードを作る方法はあるので、クレジットカードを作ることに抵抗がないという方は下記記事もあわせて参考にどうぞ。株式会社や合同会社設立直後であったとしても、法人ETCカード作成は決して難しくはありませんよ。

以上、高速情報協同組合の法人ETCカードは作成しても大丈夫?心配な方のために、高速情報協同組合とはどんな団体なのかを調べてみた…という話題でした。

参考リンク:

ETCカードの比較方法については下記記事も併せてお読みください。年会費や発行費用などの知識を学ぶことが可能&個人向けのおすすめETCカードなどを紹介しています。

news.cardmics.com

*1:高速情報協同組合というが正式名称です。少し間違ったキーワードである、高速道路協同組合や高速情報協会組合などで検索しちゃう方も多いみたいですが、間違わないようにしてあげてください。

*2:法人登記をしている住所が同一っぽいので、高速情報協同組合が事業を更に広げようと作った新規の協同組合の可能性が高そうです。時間があるときにでも法人登記を取り寄せて確認してみます。

PAGE TOP