クレジットカードの読みもの

クレジットカードに関する様々な知識や使い方を「読みもの」として紹介していくサイトです。

電気代や水道代の支払いをクレジットカードでしている人は、カード保有者のうち66.5%!口座振替のままにしている方も多いようです。

http://www.flickr.com/photos/68751915@N05/6757849129

photo by 401(K) 2013

電気代や水道代といった公共料金の引き落としを、クレジットカード払いにしている方はどのくらいいるのでしょうか?楽天リサーチが2012年に行った統計データにその項目があったので、今回はそれを紹介させてもらおうと思います。

公共料金の支払いにおける、クレジットカード利用率:

早速、データを引用させてもらいます。

携帯電話の通話料や公共料金の支払いをクレジットカードで行っている人は、66.5%だった。 

66.5%ということは、だいたい3分の2の方が、固定費の支払いにクレジットカード払いを利用しているということ。逆にいうと残りの3分の1の方は、未だに銀行口座振替で、各種公共料金の支払いをしていることになります。

なぜ銀行口座振替のままなのか?

ではなぜ銀行口座振替のままにしてしまっているのかというと、実はこちらも楽天リサーチに情報がありました。

  • カード払いにする手続きが面倒:32.1%
  • カードで支払えることを知らなかった:3.6%
  • カード払いにする方法がわからない:5.4%
  • 特に理由はない:58.9%

まぁざっくりと言えばやり方がわからない、もしくは手続き自体が面倒だということがその理由になるようです。全体の3分の1もの方が、それだけでクレジットカード払いに切り替えていないというのは、なんだかかなり勿体無いなーという気がしてしまいます*1

クレジットカード払いにすれば当然、ポイントがたまる:

http://www.flickr.com/photos/26373139@N08/5912231439

photo by kenteegardin

だからまぁ、クレジットカード払いに切り替えるとお得だよ…と押し付けるつもりはないので、あとはみなさん自身にお任せしますが、クレジットカード払いにするとどれだけお得なのかについては、下記にざっくりと紹介しておこうと思います。

一般的な家計の場合、電気代、ガス代、携帯電話料金、プロバイダー料金などなどを合計すると月額1万円以上の支払いをすることのほうが多いはずなので、是非、参考にしてみてくださいね(特に家族全員の携帯電話料金を払うなら、月額5万円くらいすぐになります)。

カード払いをすることで年間節約できる金額表:
支払い金額ポイント還元率節約できる金額(年間)
月額1万円の料金支払い 還元率0.5%  600円
還元率1.0% 1200円
月額2万円の料金支払い  還元率0.5% 1200円
還元率1.0% 2400円
月額3万円の料金支払い   還元率0.5% 1800円
還元率1.0% 3600円
月額5万円の料金支払い   還元率0.5% 3000円
還元率1.0% 6000円

以上、電気代や水道代の支払いをクレジットカードでしている人は、カード保有者のうち66.5%…という統計データでした。公共料金の支払いをクレジットカード払いするのなら、是非、ポイントが貯まりやすいカードを利用するのがおすすめですよ。

*1:ちなみに一人暮らしの方が東京電力料金をクレジットカード払いする…というのは、逆に損になるケースもあるので、そういうことがわかった上で銀行口座振替をしているのであれば問題はありません(むしろ賞賛に値します)。

PAGE TOP