クレジットカードの読みもの

クレジットカードに関する様々な知識や使い方を「読みもの」として紹介していくサイトです。

VISAカードの利用比率はダントツ!クレジットカードを月に1度以上使う人のアンケートにおける、利用国際ブランドのシェア率を紹介。

f:id:cardmics:20171119233407j:plain

引き続きCoineyが発表した、『クレジットカードに関する利用状況調査2014』より統計データを紹介させてもらいます(30代から60代の男女500人にクレジットカードに対して行われた、利用状況の調査結果)。 

スマートフォンやタブレット端末を使ったクレジットカード決済サービス「Coiney(コイニー)」を展開しているコイニー株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:佐俣奈緒子、以下コイニー)は、30代から60代の男女500人にクレジットカードに関する利用状況の調査を実施しました。

今回はVISA、MasterCard、JCBカード、アメックス、ダイナースクラブといった国際ブランドのうち、どのブランドをクレジットカード利用者は使っているのか…といったデータについてです。

国際ブランドの利用比率について:

VISAカード利用者がほとんど:

Coineyが取った統計によると、75%ものクレジットカード利用者がVISAカードを利用していることが判明(下記画像を参照)。いくら複数選択できる、重複回答OKな統計データとはいえ、このVISAカード利用率は異常に高いですよね。

f:id:cardmics:20140626134522g:plain

反面、VISAカードのライバルとも言えるMasterCardは30%程度のみ。VISAの尋常じゃない強さの前には霞んでしまいそうですが、MasterCardも日本国内ではだいぶシェアがあるのがわかります。

JCBカードは厳しい:

そして日本の国際ブランドであるJCBですが、こちらの利用率はついに半数以下。47.6%という厳しい数字になってしまっています。

  • VISA利用率:75%
  • JCB利用率:47.6%

日本でクレジットカードで使っている人たちの中でJCBカードが、半分のシェアすら獲得できていないかと思うと、個人的にかなり残念に思いますね。

このままでは国際ブランドの中でのJCBの存在感が薄れていく一方なので、もっと頑張って欲しいです。

時代はVISAカード一強:

f:id:cardmics:20180404120012j:plain

このように、まぁ見事なまでにVISAの強さだけが出てしまっている統計でした。

実際、私の周りでもVISAカード利用率は圧倒的に高いので、この統計結果と現実は、ほぼほぼ近い状況にあるのは間違いなし。今後もこのままで状況が変わらないのであれば、VISAカード利用者は増え、JCBブランドが落ちていってしまうことでしょう。

すごく残念です。

以上、VISAカードの利用比率はダントツ!クレジットカードを月に1度以上使う人のアンケートにおける、利用国際ブランドのシェア率を紹介…という話題でした。

参考リンク:

この機会に自分の店舗にもクレジットカード払いを導入してみたい…という方は、初期費用実質0円で導入可能なモバイル決済を比較した下記記事も参考に。

クレジットカード決済だけでなくSuicaやPASMOといった電子マネー決済にも対応していますよ。

news.cardmics.com

PAGE TOP