クレジットカードの読みもの

クレジットカードに関する様々な知識や使い方を「読みもの」として紹介していくサイトです。

自炊をしない一人暮らしなのに、キッチン用品を揃えている人って何故?全部捨てるとキッチンが常に衛生的でスッキリします。

Kitchen

一人暮らしの男性の方の場合、どのくらいの比率かわかりませんが、自炊を一切していないという方は多いですよね。スーパーの惣菜を購入するか、すべて外食で済ましちゃう…ってやつです。

しかし、その自炊をしないはずの方のほとんどが、なぜか自宅にまな板や包丁、鍋やフライパンといったキッチン用品をひと通り揃えているんですよね。これ何故なんだろう?というのが今回の記事です。

キッチン用品を揃えている理由はない?:

自炊をしないのにキッチン用品を揃えてる理由って、ちょっと考えてみましたがこんな感じでしょうか?

  • 彼女など、誰か料理を作ってくれる方が出来た時のため
  • 地震や食糧危機などが起きた時のため
  • 強盗などが来た時の備えとして

うん、たぶん絶対に違う(^_^;)。

そうではなく実際には『最初は料理を作るつもりだった』か、『なんとなくキッチン用品は揃えておくべきもの』という理由だけで、購入して揃えておいた方が多いはずです。敢えて揃えたというよりは、揃えるのが普通だから揃えておいた…という感じに近いと思うんですよね。

だったら捨てちゃうのがお薦め:

よほど高いキッチン用品を揃えてしまった…というのであれば別ですが、100円均一ショップなどで購入した包丁とまな板、鍋ばかり…というのであれば、いっそのこと全部捨ててしまうとスッキリします。だって自炊しないということはキッチン用品を使わないんですから、あるだけムダというものです。

また、中途半端に自炊をするくらいであれば、全部やめるというのも手。自宅で料理をしなければ、下記のものをおいておく必要性がなくなります。

  • キッチン用品(前述の通り)
  • 三角コーナー(流し台が汚く見えます)
  • 流し台のシンクの中の網(生ごみ対策のアレ)
  • ふきん、台ふきん、それを干す竿(見た目が悪い)
  • 醤油や塩などの調味料(賞味期限チェックとかも不要)

これらが無くなったら、だいぶスッキリすると思いませんか?

そして個人的に思う、一番無くなったらスッキリするものは『生ごみが一切発生しないこと』、これが大きい。結果、あのカサカサ動く黒い生物Gも、キッチンに近づくことが少なくなります(近隣住戸から侵入してくるとかはありますけどね)。

更に更に!付け加えるのであれば、自宅で火を使わなければ火事の心配もありません。外出中、あれっ、火を消したっけ?と不安になることもないのです。

私の自宅にはキッチン用品がない:

http://www.flickr.com/photos/40623608@N08/8261295295

photo by Barbara Raskauskas

実際、私の自宅にはすべてがありません。この生活スタイルを開始してから困ったことは今のところも一度もないですし、『あのキャベツ、まだ使えるかな~』なんて野菜などの鮮度チェックに悩まされることも、生ごみの処理に困ることもなくなりました。

また、冷蔵庫の中も清潔そのもの。調味料すら不要なので、冷蔵庫にはペットボトルや缶などのドリンクくらいしか入れるものがなく、汚れようがありません。自炊しなければ食べきれなかったものを冷凍庫にパックして全部突っ込む作業も不要です。

悩みは戸棚の使い方:

ちなみに悩みは無いのかといえば、キッチンの戸棚が空っぽになってしまったので、何を収納しようか迷うくらい(苦笑)。

水回りの上にある棚に洋服などは置いておけないので、収納スペースをどう活用するかが問題です(今のところ空っぽです)。

包丁や鍋を揃えておくべきという常識を捨てる:

最後に。

自炊をしたほうが栄養的に良いなどの議論もあるかと思いますが、忙しいビジネスマンの方などで、料理を作っている余裕がない方なども多いかと思います。そういった方は、いっそのこと今回紹介した方法を実践して『自炊をしない!』と割りきってみるのも面白いですよ。キッチンが常に衛生的にスッキリするはずです。

以上、自炊をしない一人暮らしなのに、キッチン用具を揃えている人って何故なんだろう…という話でした。キッチン用品は揃えておくべき…という常識を捨てて、清潔で空間を有効活用できる生活を手に入れましょう!

参考リンク:

そんな一人暮らしをしている私が、購入してよかったな…と思ったものまとめは下記記事をどうぞ。見ていただければ物欲が膨らみますよ。

cards.hateblo.jp

PAGE TOP