クレジットカードの読みもの

クレジットカードに関する様々な知識や使い方を「読みもの」として紹介していくサイトです。

ブログを運営してお金を稼ぐことと、有料で書籍を出版してお金を稼ぐこと。なぜ他人が儲けることを嫌う人たちは、前者ばかりを叩くのか?

f:id:cardmics:20180404115724j:plain

無料で記事を公開してお金を稼ぐことと、有料で記事を公開してお金を稼ぐこと。どちらもお金を稼ぐという行為自体は一緒なのに、なぜ他人が儲けることを嫌う人たち(これを嫌儲と言います)は、前者ばかりを叩くのでしょうか?

  • ダメ:無料で読むことが出来るブログで広告収入を稼ごうとする。
  • OK:書籍を出版して収入を稼ごうとする。

あっ、なぜこんな疑問をいきなり書いたのかというと、下記のブログ記事を読んで。

読んでいない方のためにざっくりとその内容を書くと、ブログに広告を貼っていたら『金のために記事を書いていんだろ?』と批判され、ブログ運営が嫌になった…というものです。

ブログでお金を稼ぐことの是非について:

苦労が見えないから、楽して稼いでいると思われる?

結論から先に書いてしまうと、この違いに対する答えはブログ運営でお金を稼ぐ行為が、なんだか楽そうな行為だと思われるからな気がしています。

例えば書籍の出版を否定する人なんて居ませんよね

『あいつは金儲けのために本を出版しようとしている!けしからん!』とか、『あんな釣りタイトルの書籍を出版して、発行部数を伸ばそうとしてる!許せない!』なんて文句は聞いたことがありません*1

ブログは無料なのに嫌儲批判だけは貰う:

反対になぜかブログは無料で記事を公開しているのに、批判だけはたくさん貰う。

そりゃ記事の質が低いとか、煽りすぎだとか、内容が間違っているとか、そういうこともありますけれども、それは書籍だって同じなはず。

事実、タイトルだけの書籍や、とんでもなく中身が薄っぺらい書籍だってありますよね(買う価値無し!と言われることはあっても、金儲けと批判されることは無い)。そういうのとブログで稼ぐことは何が違うんだ、そう思ってしまうのです。

嫌儲については下記引用部分を参考に(引用はこちら)。

単に他人が儲けてるのが気に入らない。その方法が一見簡単そうだったり、大儲けしてそうだったりすると特に顕著である(本当に簡単なのか、大儲けしてるのかはあまり関係ない)。

なぜか金銭的な利益を得ること自体を悪だと思っている節がある。儲けてる人を常に監視し、些細な事でも何かミスを犯すとここぞとばかりに大々的に叩き溜飲を下げる。

正社員として働くのも、ブログで稼ぐのも同じ:

それに私は、正社員として働くのも、アルバイトとして働くのも、ブログでお金を稼ぐのも、みんな同じだと思っています。どれも働いた対価として、お金を貰っているわけです。違いなんてありません。

  • アルバイトも正社員も書籍執筆もブログ運営も全部同じ仕事

まぁ仮に、『ケーキ屋でバイトなんて金儲けか!けしからん!』や、『トヨタに就職とか守銭奴め!』とかも世の中一般に言われてるんなら、甘んじて『ブログで金儲けか!』といった言葉にも納得できるんでしょうけれども、そんなことはまず無い状況ですね。

仕事としてブログを運営すること:

だったらもう少しで良いので、仕事としてブログを運営するってことについても理解して貰えると嬉しいな~と思います。ブログ運営主は時間をかけて記事を作ってるわけですから、その「対価」を貰ったって良いじゃないですか。

そして将来的にはそんな稼ぎ方が多くの方に認められる世界があっても面白いと思います。こういった記事を通して少しずつ、ネットで稼ぐということに対しての理解度が、世の中的に深まっていってくれれば嬉しいです。

以上、ブログを運営してお金を稼ぐことと、有料で書籍を出版してお金を稼ぐこと。なぜ他人が儲けることを嫌う人たちは、前者ばかりを叩くのか…という話題でした。

参考リンク:

ブログで稼ぐ=楽というイメージを持っているからこそ嫌儲思想が湧き出てくるのかもしれませんが、ブログで稼ぐのはみなさんが思っているよりも楽なことではありません。詳しくは下記記事を参考にどうぞ。

news.cardmics.com

*1:あまりにも大げさな書籍タイトルだと批判されてますけどね。それを考慮したとしても、書籍よりブログのほうが批判される頻度は圧倒的に高いような気がします。

PAGE TOP