クレジットカードの読みもの

クレジットカードに関する様々な知識や使い方を「読みもの」として紹介していくサイトです。

経理を合理化したいなら、経費支払い専用のクレジットカードを作ろう!クラウド会計ソフトと連動させることで、記帳作業を全自動に。

http://www.flickr.com/photos/51633081@N04/8169560070

photo by slightly everything

最近、話題のクラウド会計ソフト(詳しくはこちらの記事を参照)。

これらの会計ソフトを利用すれば経理業務が一気に簡略できるメリットがあるわけですが、実はクレジットカードの使い方が下手だとちょっと面倒な手間が必要になってしまうことも。

そこで今回は、クラウド会計ソフトを最大限に活用するために経費支払い専用のクレジットカードを作ろう…という内容の記事を書いてみたいと思います。まぁ読まなくてもわかってもらえる内容かもしれませんが、クラウド会計ソフトをこれから使おうと思っている方は是非、参考にしてみてくださいね。

経費支払い専用のクレジットカードを作ろう:

クラウド会計ソフトを最大限に活用するためにはなぜ、経費支払い専用のクレジットカードを作らなくてはいけないのか?

これは単純な話、私的なクレジットカード利用と経費の支払いを混在させてしまうと、その分だけ『仕分け作業』が発生してしまうためですね。

  • 経費支払い専用のカードを使う:仕分け不要
  • 私的利用&経費支払いを混ぜて使う:私的な利用か経費かの区別がわからないので、1件1件、目視で仕分け作業をする必要性がある

せっかくクラウド会計ソフトには自動的にクレジットカードの利用明細書を取り込んでもらえる機能が備わっているにもかかわらず、1件1件、経費かどうかを目視で確認しなくてはいけないなんて、それじゃその魅力が半減してしまいます。

仕分け不要で一気に入力を:

反面、経費支払い専用のクレジットカードを作成した場合には、仕分け不要ですぐに記帳作業が終了。経費の支払いをとにかくそのクレジットカードでしていけば、自動的に記帳作業まで終わってしまうわけですから、事業主&経営者の方にとっては大きなメリットになります。

  • 現金払い:記帳が面倒
  • カード払い:自動的に記帳完了

このように、事業を営んでいる方にとってクレジットカード決済は、今後、なくてはならない支払い手段になっていくはず。結果的にクラウド会計ソフトの普及が、クレジットカード決済の普及にもつながっていくのですね。

経費支払い用のクレジットカード:

http://www.flickr.com/photos/26373139@N08/5913069484

photo by kenteegardin

最後に…ですが、会社関連の経費支払いに使うクレジットカードは、できれば個人向けのクレジットカードではなく、法人向けのクレジットカードを使うようにしてください。そもそも個人向けカード自体は、経費精算に使ってはいけない規約となっているためです(詳しくは下記の記事を参照)。

ちなみに法人向け…と書いてありますが、個人事業主でも問題なく作成可能。そのため経理作業をラクにしたい…という方は、経費精算用のクレジットカード作成からはじめてもらえればなと思います。

以上、経理を合理化したいなら、経費支払い専用クレジットカードを作ろう!クラウド会計ソフトと連動させることで、記帳作業を全自動に…という話題でした。

クラウド会計ソフトの比較:

どのクラウド会計ソフトを使っていいかわからない…という方は、下記のまとめ記事を参考にどうぞ。個人事業主向けの青色申告ソフトから、企業会計用のクラウド会計ソフトまでをまとめていますよ。

PAGE TOP