クレジットカードの読みもの

クレジットカードに関する様々な知識や使い方を「読みもの」として紹介していくサイトです。

お金を1円も使わずに、日本の景気を刺激する方法を考えてみる。日本経済を元気にするには、はてなブックマーク利用も効果的?

http://www.flickr.com/photos/86530412@N02/8186134917

photo by StockMonkeys.com

『みんながお金を使えば景気はよくなる!』とか、『高齢者がお金を貯めこんで使わないから、日本はデフレなんだ!』みたいな主張をテレビや新聞で見かけることが多い最近。

しかし、お金を使えば景気がよくなる…とわかっていても、悲しいかな、そんなお金はないというのが現実ですよね。

そこで今回は雑談がてら、お金を使わずに景気を刺激する方法というものを考えてみたいと思います。自分で出費する以外にも景気を刺激できる方法というのは確実に存在するので、「日本をもっと元気にしたい!」と思っている方は是非、この記事をネタ程度に読んでもらえれば幸いです(他にアイデアがあったら教えて下さい)。

お金を使わずに日本経済を元気にする方法:

1.興味があるものをどんどん検索する:

個人的に一番簡単だなーと思うのが、YahooやGoogleなどで興味があることを「検索」することです。

たとえば『将来的に家を買いたいな!』と思っている方が、自宅周りのマンション価格や土地情報などを調べたとする。そうすると有料広告などが表示され、場合によっては1万円以上もの買い物をした場合と同じだけ経済を動かすことが出来ます(詳しくは敢えて書きません)。

このように購入するという行為だけでなく、最近では興味があるものを調べるということでも立派な景気刺激になることも多いので、調べてみたいことがあればどんどん検索エンジンを使って調査していってみてください。自分の知識量が増えるだけでなく、日本経済も元気になるなど多くのメリットがありますよ。

2.他人に買い物をさせる:

自分の手元にはお金がないという方も、他人にお金を使わせることなら可能かもしれません。簡単なのはブログを作成して商品をおすすめすること。これで誰かに商品を購入してもらうことが出来れば景気刺激&自分の収入アップにもつなげることが出来ます。

  • 自分で買う:経済効果はそれだけ
  • 誰かに買わせる:景気刺激&自分の収入アップにもなる

たとえばとある居酒屋で「黒霧島」という焼酎を飲んで感動したなら、それをブログに書くだけでOK(こんな記事)。

そのブログ記事の内容が良ければ黒霧島というお酒に興味を持った方が購入してくれるため、あなた自身はお金を使わなくても世の中にお金が回っていくことに繋がりますよ*1

3.現金払いをクレジットカード払いにする:

普段、現金払いしているものをクレジットカード払いに切り替えるだけでも、景気刺激になると言われています。理屈は単純、現金払いは脱税の温床になりやすいので、クレジットカード払いをすればお店側が適切に納税するようになる…というものですね。

  • 現金払い…売上を隠しやすい
  • カード払い…売上を隠しにくい

まぁこれについては「あくまでそういう傾向にある」というだけの話なので、すべての業者が脱税してるうんぬんの話ではありません。

しかし、現金払いをクレジットカード払いに切り替えるとそれらのお金の動きが明確に見えてくるようになるので、結果的に景気刺激になることは間違いありません。下記記事のように日本の税収アップにも必ず繋がるのでどんどんカード払いすべしです。

「ライフ・アシスト・ポイント制度」は、内需の活性化ばかりでなく、商取引の透明性による税収効果や取引データの電子化、キャッシュレス化による社会コストの削減、消費者のライフスタイルの変化など、さまざまな効果が期待できる。

4.自宅でちょっとした副収入を得てみる:

4つ目は時間がある方や将来的に起業をしたい方向けかも。シュフティやクラウドワークスといったサイトを利用して、自宅に居ながらちょっとした副収入を得てしまおうというものです。

言うまでもなく副収入を得るということは、誰かが自分に対してお金を使うこと。そのため、こうした作業を請け負えば請け負うほど自分のフトコロがどんどん潤っていくだけでなく、発注をした側の企業にもお金を使わせることになるので、様々な景気刺激につながっていくはずです。

また、自分のスキルをアップさせていくという意味でも仕事受注は効果的な経験になるはずなので、興味がある方は是非、受託可能な仕事を探してみてもらえればと思います。

5.はてなブックマークでブクマをする:

5つ目はこれ。はてなブックマークというサービスを使って、気になる記事にブクマをする行為も景気刺激に繋がります。

例えば新製品に関する、下記のような記事をブクマすると、その商品に対して興味を持つ人の数が増えるので景気が刺激されることに。

他にもこんな記事をブクマするのも景気刺激に繋がりそうな感じ。

まぁこういった記事の露出が増えれば、その分、他の記事の露出が減ってうんぬん…という話もあるかもですが、誰かに良い記事や商品をすすめるというのはある程度の景気刺激効果があると私は思うので、これもひとつのアイデアになるはず…。

是非、「読む」だけでなく「広める行為」もひとセットにして、日本経済を刺激してもらえればと思います。

まとめ:なにか「行動」を起こせばお金は動く

http://www.flickr.com/photos/86530412@N02/8266503630

photo by StockMonkeys.com

最後に。

自分でお金を使うのが難しいのであれば、是非、当サイト「クレジットカードの読みもの」上で紹介しているクレジットカードを作成してみてください。そうすると私の事業所得が潤うので、その分だけ私がお金を散財します(苦笑)。

正直、私自身にはそこまで浪費癖があるわけでも、物欲があるわけでもないのでただのネタでしかありませんが、伝えたいのはこんなふうに、たとえ年会費無料のクレジットカードであっても申込をすれば誰かになにかしらのお金が動くことを理解すること。

要するに一番ダメなのはお金を使わないことではなく何もしないことなので、是非、検索をするでもいいですし、ブログを書くでもいい。日本経済にもっと元気になってもらいたいのであれば、なんでもいいので「行動」をすることを心がけてもらえればなと思います。

以上、お金を1円も使わずに、日本の景気を刺激する方法を考えてみる。日本経済を元気にするには、はてなブックマーク利用も効果的?…という雑談記事でした。こんな風にマクロではなくミクロの世界で、どう経済を刺激すれば日本がまた元気になるのかなーなんて考えて遊んでる私です。

参考リンク:

お金についてもっと勉強したい…という方は、下記記事なども参考にどうぞ。こうしておすすめ書籍を紹介するのも、立派な景気刺激策ですね。

cards.hateblo.jp

*1:ブログで広告収入を稼ぐためには、ASPという広告会社に口座を開設する必要性があります(詳しくはこちらを参照)。

PAGE TOP