クレジットカードの読みもの

クレジットカードに関する様々な知識や使い方を「読みもの」として紹介していくサイトです。

意味もなく高いだけのサービスを使う人間はいない!激安店に客が奪われるなら、自社サービスに付加価値を付ける努力をしよう。

Taxes

先日書いた下記の記事に対して寄せられたコメントの中に、『安いサービスを紹介すると、それに従事している人たちの賃金が下がる』とか、『安さの裏側でどれだけブラックな環境に苦しんでいる人がいるのか』といった意見を頂いたので、今回はその辺について私の意見を書いてみたいと思います。

安いサービスのほうが質が高い:

まず、個人的になぜ60分2,980円のマッサージを使っているのかというと、それは単純にそれで十分だからです。

むしろ前述の記事でも書かせていただいたように、そういったサービスを利用してみて感じるのは、60分6,000円のマッサージよりも60分2980円のマッサージ店のほうが質の高さを感じる場合が多いということ。

神レベルにうまい施術者にあたる確率は高いですし、下手な施術者に当たるのが嫌なら、気に入った方を見つけてその人を指名し続ければいいのです(指名料は無料だったり200円だったり)。

反面、たまに激安店に空きがなく、仕方なく60分6,000円のマッサージ店に行くとその差を感じますね。高級店の施術者には上手さがなく、研修かなにかで学んだ知識をちょろっと教えてくれるだけ…。私個人としてはそれに「差額3,000円」を払う気はしません。

高いサービスを使うことだってある:

では私はどんな場合でも絶対に激安店にしか足を運ばないのか…というとそんなことはありません。

例えばハワイのオイルマッサージであるロミロミを受ける時は60分1万円であっても受けることがありますし、Dr.ストレッチといった、そのお店でなければ受けることが出来ないサービスだと喜んでお金を払うことも。

要するに「付加価値」がきちんとあるお店であれば、60分6,000円だろうと60分12,000円だろうとOK。その金額を払う価値があると判断しています。

  • 付加価値はないけど高いサービス:使う気にはなれない
  • 付加価値がある高いサービス:使う場合は多い

そういった意味で従来型のマッサージ店であるリラクゼ、てもみん、Re.Ra.Ku、ラフィネ等はもうちょっとなにか付加価値を付けないと、なかなか集客が厳しくなっていくんじゃないかなと思いますね。たとえ研修期間が長くても、やはり現場で場数をこなしている方には勝てません*1

激安の美容院だって同じ:

激安の美容院だって同じですね。激安店の施術料金である3,000円と従来店の8,000円という金額の差額である、5,000円という金額を払う価値があると思えば自ずと従来店に足が向きます。

しかし、実際には激安店と従来店との技術レベルには差はなく、施術内容についてもほとんどその差を感じることはない…となると、結果として激安店のほうばかりに足が向いてしまう形になるのです。

まぁ確かに渋谷のあの美容院は安かろう悪かろうのところがあるわけですけれども、だからといってとんでもない髪型にされるとか、変なカラーリングをされるということもないので、結婚式前や成人式前といった「100点の髪型」を目指さないのであればそれで良いのではないでしょうか(1,000円カットのQBハウスが激混みで、従来型の床屋がガラガラなのと同じ)。

『いやいや毎回100点満点じゃなくちゃダメだ』という従来型の美容院に付加価値を感じる方は、差額5,000~7,000円を払ってそっちに行けばOKです。

  • 毎回80点の髪型でOK:激安美容院がおすすめ
  • 100点の髪型じゃなきゃ嫌だ:従来型の美容院がおすすめ
私がお願いしている美容師さんは上手:

ちなみに私はカット&カラー&白髪染めで3,700円のお店によく行ってます。

そこの美容師さんは技術的にも素晴らしく、毎回、きちんとフルカラーしてくれるので個人的には助かっていますね。むしろ10年前頃に通っていた1回9,000円した美容院よりも質が高いとさえ思っていますよ*2

りらくるの努力が半端ない:

私はよく、りらくるという名前の激安マッサージ店に行くんですが、ここの経営はほんとお客さんのほうを向いていて凄いなと。

例えば他の激安マッサージ店だと「着替え時間込みで60分(施術は50分)」といったように、60分2,980円と書きながら時間をケチるところがあったり、「着替えは有料」といったように何かしらで2,980円以上を取ろうとしてくるんですが、りらくるではちゃんと60分2,980円、着替えも無料で対応してくれます。

また全席に電気毛布が設置されているので寒さを感じることも少ない…と言うことなし。技術者も全員、日本人で経験者が多いので、気に入って利用しています。

最近じゃこの60分2,980円マッサージも溢れてきている傾向にありますが、少なくともこのままりらくるが自助努力を続けていくなら生き残っていくことでしょう。

飲食店だってウェブデザイナーだって二極化:

Monopoly Free Parking Ver1

こんな感じで価値があるなら喜んでお金を払いますが、付加価値もないのに高いだけのサービスにはお金を払うつもりがない私。

これは楽天市場やAmazon、価格コム等で安い商品を探しているのとなんら変わりはありません。要するに提供されているサービス内容や質が一緒なら、わざわざ高いお金を払う人なんて誰もいないのです。

反面、成城石井や明治屋、リンコスといった高級スーパーマーケットは盛況ですし、1食2万円もする銀座の寿司屋はいつも満員。そして本を書いているような有名ウェブデザイナーは1人月100万円でも仕事を受注できますし、年会費30万円以上するセレブ向けクレジットカードを欲しがる人もたくさんいる…などなど、使う価値&理由があるサービスには人はお金を落とします。

  • 付加価値のある高級サービス:利用者は多い
  • 付加価値のない高額サービス:利用者は減る一方

つまり大事なのは繰り返しになりますが、付加価値があるかどうか。仮にただ安いだけのお店にお客さんが奪われるのであれば、それは自分たちが提供しているサービスに付加価値がないだけの話なのです。

そして運悪くそういう自助努力をせずに『景気が悪い!』とか、『法律で激安店を規制しないからいけない!』と世の中に愚痴を言ってるだけの経営者の下で働いてしまっているなら、その結果として給与が下がっていくのは仕方のない流れなのかもしれません。それが嫌なのであれば上司に対して、自社サービスに付加価値を付けられないかどうかを提案してみてくださいね。

以上、意味もなく高いだけのサービスを使う人間はいない!激安店に客が奪われるなら、自社サービスに付加価値を付ける努力をしよう…という話題でした。是非是非、尖ったサービスがもっともっと世の中に広まっていってほしいなと思います。

参考リンク:

料理がうまいだけ…とか、マッサージが上手なだけ…というだけで開業をしてしまうと、だいたい途中で経営がうまくいかなくなります。

お店を開くならやはり、経営者にしっかりとなるための知識を付けることが重要ですね(経済や経営を学びたい方は下記記事などを参考に)。

news.cardmics.com

*1:マッサージの激安店に行ってみるとわかるのですが、ああいった場所で働いている方というのはほとんどが「経験者」。近くで整骨院等を開いていた…という方も多く含まれているので、肩が痛い、腰が痛いというといろいろとストレッチ方法等も教えてくれます。こうなるともう60分6,000円のお店を選ぶ理由がありません。

*2:ついでにひとつ愚痴を書くと、昔、チェーン展開をしている某美容院に行った際、「こちらの試験制度を通過した、トップスタイリストさんに切ってもらうと+1,000円かかります」といわれ、言われるままにその方を指名してカットしてもらったら、耳の後ろに切り残しがたっぷりあってビビりました。ほんとカットの上手さ以前の問題だな…と思いましたね。

PAGE TOP