クレジットカードの読みもの

クレジットカードに関する様々な知識や使い方を「読みもの」として紹介していくサイトです。

漢方スタイルクラブカードが新規の申込受付を中止!やはりポイント還元率の高いカードは発行停止されていく運命のようです。

f:id:cardmics:20170509092215j:plain

いつの間にか…という感じではありますが、漢方スタイルクラブカードが2017年4月30日をもって、新規のカード申込を停止していたようです。

漢方スタイルクラブカードを発行していた薬日本堂が、公式ページにて発表しました。

このたび、KAMPO STYLE CLUB CARDは、新規受付および ポイント交換商品である薬日本堂商品券への引き換えを2017年4月30日をもって停止することとなりました。

新規受付は終了いたしますが、すでに会員のお客様におかれましては5月1日以降も引き続きご利用いただけます。 

漢方スタイルクラブカードなんてクレジットカードは知らないよ…という方は、下記記事も参考に。ここ10年ほど、一番ポイントが貯まりやすいクレジットカードと、マニアの間で人気だったカードです。

news.cardmics.com

唐突な新規募集停止に:

漢方スタイルクラブカードでは下記記事のように、貯めたポイントを薬日本堂の商品券には交換できなくなるよ…という話題が出たばかり。

そのため、今回のサービス改訂はこの商品券との交換ルートが無くなるだけ…と思われていたのですが、前述のリリースを見てみると、漢方スタイルクラブカードそのものの新規受付募集も停止してしまったようなんです。

駆け込み需要は増えてほしくなかった?:

まぁ、ポイント還元率の高さが魅力だった漢方スタイルクラブカードがいつか募集停止されることは皆さん、薄々わかっていたことではあるので、これはこれで仕方ないことだとは思います。

しかし、リリース内容を見ると「薬日本堂の商品券へ交換できなくなるドサクサにまぎれて、新規受付も停止するよ」みたいなわかりにくい記述となっているので、もしかすると漢方スタイルクラブカードを発行&管理しているジャックス側としては、敢えてわかりにくいリリースにした可能性も高そうな感じ。

この理由はたぶん単純で、下記のように申込停止を明確にしすぎてしまうと、駆け込みで申込をしようとする人が急増してしまうためでしょう。

  • わかりやすく告知:駆け込み申込が増えてしまう
  • わかりにくく告知:駆け込み申込が増えずに済む(発行数が増えない)

要するに駆け込みで申込されたくないくらいに、漢方スタイルクラブカードは利益が出ない、カード会社にとってお荷物なクレジットカードになってしまっていたのだと思われます。

ひとつの時代が終わった感じ:

f:id:cardmics:20170503091856j:plain

こんな感じで漢方スタイルクラブカードというひとつの時代が終わりを迎えたわけですが、今後も同様に高還元率クレジットカードというのは死滅していく可能性大。

つい先日もライフカードのポイント制度が改悪になったように、ダイナースクラブ プレミアムカードやREXカード、リクルートカードなども、そろそろ収支が苦しくなってる頃でしょう。ポイント制度が改悪されることはあっても、改善はまず期待できません。

そして、この調子でポイント還元率が悪化していくと、最後に残るのは自社ポイントを付与可能な楽天カードやYahoo! JAPANカードだけになっていくのかも。

個人的にはなんとも味気がない世界だな…と思ってしまうところですが、そのくらいまでにクレジットカード会社が得られる加盟店手数料収入は乏しくなってきているのでしょう。さてさて、どうなることやらです。

以上、漢方スタイルクラブカードが新規の申込受付を中止!やはりポイント還元率の高いカードは発行停止されていく運命のようです…という話題でした。

参考リンク:

それでもポイントが貯まりやすいクレジットカードを使いたい…という方は、下記記事も参考に。100円利用あたり1円分以上のポイントが貯まるカードを中心に紹介させてもらっています。

news.cardmics.com

PAGE TOP