クレジットカードの読みもの

クレジットカードに関する様々な知識や使い方を「読みもの」として紹介していくサイトです。

フリーランスが確定申告をするなら、クレジットカード決済とクラウド会計ソフトを組み合わせて、記帳&会計処理の手間を減らそう!

f:id:cardmics:20171119233100j:plain

やっと確定申告の準備をはじめた私…。

結局、昨日書いた記事通り、やよいの青色申告オンラインを利用することが出来なかった私は、仕方なくMFクラウド確定申告を利用することにしたわけですが、むしろ最初からこちらを選んでおいたほうが良かったんじゃないかと今、後悔しているところです。

サイトデザインも使い勝手も、そして困った時のFAQの出来さえも、お世辞抜きでMFクラウド確定申告には悪いところがほとんどなし。

加えてパッケージ版やよいの青色申告で入力していた去年までのデータ移行も、驚くほど簡単にできました。

クラウド会計ソフトに切り替えた感想:

もうパッケージ版の会計ソフトに戻れない:

ほんと一度クラウド会計ソフトを利用してしまうと、もうパッケージ版の会計ソフトには戻れないな…と思った私。

銀行口座は自動的に取り込んで記帳してくれるわ、クレジットカードの利用歴もすべて取り込んでくれるわで、こちらが行う手間といえば、それぞれの項目チェックし、確認ボタンを押すことくらい。

そうなると1個1個、レシートを見ながら手入力していかなくてはいけない現金払いが、とたんに煩わしく感じてしまいます。

  • 銀行振込:自動的に記帳してくれる
  • カード払い:自動的に記帳してくれる
  • 現金払い:1個1個、手入力

クレジットカード払いが急増する:

そのため、今後はクラウド会計ソフトが普及していけばいくほど、クレジットカード払いの普及も進んでいくのかな?という気がしますね。

なにせ現金払いをしてしまえば自分で記帳する手間が発生しますが、クレジットカード払いであれば自動入力してくれるので、記帳の手間を大幅に省くことが可能。だったら誰しもがカード払いを優先して利用するはずです。

  • 現金払い:手入力が必要(記帳が面倒)
  • カード払い:自動入力が可能(記帳が楽)

また、SuicaやQUICPayといった電子マネーの利用履歴もMFクラウド確定申告には取り込みできるので、ますます現金払いを敬遠したくなる今日このごろ。もはや1枚1枚、領収書を手入力していく時代ではありません。

経費精算にクレジットカードを使うなら、個人向けのクレジットカードでは利用規約違反になってしまうこともあるので、法人向けクレジットカードを作るのがおすすめです。詳しくは下記記事を参照。

news.cardmics.com

パッケージ版の会計ソフトのほうが安いけれども:

『クラウド会計ソフトが便利なのはわかるけれども、パッケージ版の会計ソフトのほうが何年も使える分だけ安いんだよね』とか、『青色申告はエクセルを使えば充分。無料なんだからこっちのほうがいいでしょ?』と思われる方もいるかもですが、それでも私はクラウド会計ソフトをおすすめします。

理由は単純、クラウド会計ソフトを利用すれば時間の節約が出来るようになるため。そして節約できた時間分だけ本業に取り組むことが出来れば、その分だけ売上や収入もアップするので、多少、高くついてもクラウド版を使ってみてくださいね。

フリーランスなら2つを組み合わせよう:

f:id:cardmics:20170924142511j:plain

結論。

フリーランスが青色申告をスムーズに行いたいと思うなら、クラウド会計ソフトとクレジットカード払いをうまく組み合わせるようにしてください。

たったそれだけで記帳の手間を大幅に削減することが出来るので、さらに本業に集中することが出来ますよ。

企業会計もクラウド会計ソフトで簡素化:

もちろんこれは株式会社や有限会社経営者でも一緒。

経理の担当社員の作業量をクラウド会計ソフトで減らすことが出来れば、人件費の節約にも繋がること間違いなしです(詳しくはこちらの企業向け会計ソフトについて言及している記事で)。

以上、フリーランスが確定申告をするなら、クレジットカード決済とクラウド会計ソフトを組み合わせて、記帳&会計処理の手間を減らそう…という話題でした。

参考リンク:

MFクラウド確定申告はちょっと使いにくそう…という方は、その他のクラウド会計ソフト利用も検討してください。個人事業主や個人商店主におすすめの会計ソフトを詳しくまとめています。

news.cardmics.com

PAGE TOP