クレジットカードの読みもの

クレジットカードに関する様々な知識や使い方を「読みもの」として紹介していくサイトです。

家計簿を付けることを挫折したことがある女性の比率はなんと72.1%!クラウド家計簿として人気のマネーフォワードが統計データを発表。

家計簿を付けることを挫折したことがある女性の比率は72.1%…。そんな統計データをクラウド家計簿として人気のマネーフォワードが発表しました。

Q.家計簿に挫折したことはありますか?

f:id:cardmics:20150529172844g:plain

お金のプラットフォームを提供する株式会社マネーフォワード(本社:東京都港区、代表取締役社長 CEO 辻庸介、以下マネーフォワード)は、20代以上の男女3,302名を対象に、家計簿に関するアンケート調査を実施しました。

調査の結果、女性の7割以上、男性でも過半数が家計簿を付け続けるという行為に挫折した経験があることがわかりました。 

挫折した理由の1位は面倒だから:

マネーフォワードによると家計簿を付けることに挫折した理由の第1位は『面倒だから』で、第2位は『細かくつけようと思って完璧にできず挫折』になるようです。

確かに、さぁ家計簿をつけよう!と思うとついつい普段よりも気合が入ってしまって細かく付けたくなるものなんですが、それゆえに継続が難しくなってしまうのはわかる話。

例えるならダイエットを始めようと思ったその日に10km走って、走るのが嫌になってしまう感覚に近いですね。

挫折の理由は、1位「面倒だから」という答えが圧倒的に多く、次いで「細かく付けようと思って完璧にできず挫折」、「口座やクレジットカードの入出金のつけ方がわからない」「分類や計算の仕方がわからない」が多く見られました。

男女で比較すると、女性は細かく付けようとして面倒になり失敗する方や分類やつけ方が難しく挫折する傾向があり、男性は仕事などで時間がない、集計や計算が手間、エクセルデータがなくなったり、ツールのサービスが終了したりして挫折する傾向がありました。 

この他にも様々な統計結果が発表されているので、家計簿を取ることに過去、挫折してしまったことがある方は是非、見てみてください。『これ、わかるっ!』という気分になると思いますよ。

マネーフォワードなら簡単に家計簿が出来上がる:

ちなみになぜマネーフォワードという会社がこんな統計データをとったのかというと、『手書きで家計簿なんて作らなくても、うちの無料ソフトを使ってくれれば簡単に詳しい家計簿が出来ますよ』というアピールのため(笑)。

実際、マネーフォワードを使えばクレジットカードの利用明細書や銀行の通帳データをそのまま自動で家計簿にして記帳してくれるので、手書きで家計簿を付けることが馬鹿馬鹿しくなるのは間違いありません。

家計簿をグラフにすることも簡単:

更に下記のような家計の支出や収入をグラフ化することだって、マネーフォワードであれば一発で可能。

f:id:cardmics:20150526174554g:plain

こういった機能が無料で使えるわけですから、家計を管理する主婦の方であればもう使わない手はないと私も思います(マネーフォワード利用のメリットについては下記引用部分も参照に)。

<マネーフォワードならでは>

  • 貯金額が一目で分かるのでモチベーションに繋がっている。
  • 総資産の変動がわかるので、増やしたい気持ちになる。無駄な支出を控えようという意識を持つようになった。
  • 現時点での総資産がすぐに把握できるので、ストップがすぐに効くようになった。その月に給料を余らせることを目標にすると、毎月確実に資産が増えるので、それを楽しみにしている。
  • マネーフォワードで残額が増えてくる事に喜びを感じてくると自然と検約できる。

マネーフォワードで旦那さんに自慢しよう:

ここまでいかに家計簿をつけることに多くの方が挫折をしているか、そしてマネーフォワードの利用が効果的なのかについて解説させていただきましたが、いかがでしたでしょうか?

このようにマネーフォワードであれば簡単に家計簿を作り上げることができるので、みなさんも今すぐこのソフトを利用して、旦那さんに「うちの家計は今、このくらいの収入があってこのくらいの支出を削りたいんだよ!」という情報を見せてあげてください。クレジットカードや電子マネーとの相性も抜群なので、支払い管理にも役立つアプリですよ*1

以上、家計簿を付けることを挫折したことがある女性の比率はなんと72.1%!クラウド家計簿として人気のマネーフォワードが統計データを発表…という話題でした。

参考リンク:

家計簿だけでなくそのまま青色申告までしたいという方は、下記記事も併せてどうぞ。今回紹介したマネーフォワードの青色申告版「MFクラウド青色申告」を利用すれば、驚くほど簡単に青色申告まで済ませることができるのでおすすめです。

news.cardmics.com

*1:マネーフォワードを利用すれば毎月のクレジットカード利用状況や銀行口座残高の推移がわかるようになるので、クレジットカードの銀行口座振替日に銀行口座残高不足に陥る可能性も低くなります。

PAGE TOP