クレジットカードの読みもの

クレジットカードに関する様々な知識や使い方を「読みもの」として紹介していくサイトです。

電力会社やガス会社がカード払いを導入する理由とは?顧客満足度アップもありますが、本当の狙いは料金回収業務を外部委託するためです。

http://www.flickr.com/photos/24085128@N02/3758512806

photo by jcarlosn

電気代やガス代って、最近じゃどこでもクレジットカード払いが出来るようになってきましたよね(一部、地方のガス会社などを除く)。

これ、利用者である私達からしてみれば凄く有り難いサービスなんですが、電力会社やガス会社からしてみれば、カード会社に手数料を払わなくてはいけない分だけ損をしてしまうことになるはず…。利用者の満足度アップのためというだけでは、それらの企業にとってカード払い導入のメリットが無いように思いませんか?

  • 利用者側:カード払いが出来ればポイントも貯まる
  • 電力会社など:カード会社に手数料を払う分だけ損失?

今回の記事ではそのあたりについて、簡単に解説してみたいと思います。

カード会社に料金回収業務を委託している:

電力会社がガス会社にとってのクレジットカード決済導入メリットは、簡単に言えばお金の回収を、クレジットカード会社に丸投げ出来るという点です。

例えばある利用者が毎月の電気料金の支払いをしなくなった場合には、

  • 銀行引き落としの場合:電力会社が回収に行く
  • カード払いの場合:カード会社が回収に行く

という形になる。もう少しわかりやすいように、違う書き方をしてみます。

  • 銀行引き落としの場合:電力会社は利用者からお金を回収する
  • カード払いの場合:電力会社はカード会社からお金を回収する(利用者はカード会社にお金を払う)

これで、わかりやすくなったと思います。

お金の回収は難しく、そして手間がかかる:

このお金の回収という業務が楽な作業であればそれほど問題ないのでしょうけれども、多くの場合、料金を支払わない方はお金に困っている方か、一癖も二癖もある方…。お金を貰うためには手間と時間がかかります。

これがクレジットカード払いの場合には、その回収をカード会社に代行してもらうことが可能。電力会社はカード会社に対して決済手数料を払うことになりますが、労せず確実にお金を回収することが出来るというメリットもあるわけですね。

  • 利用者が料金をカード会社に払わなくても、カード会社は電力会社やガス会社に料金を払う必要性がある。
補足として順序を説明:

ちょっとわかりにくいので、お金の流れを補足しておきます。電気料金をクレジットカード払いにした場合には、

  1. 電力会社が利用者にお金を請求
  2. 利用者はカード会社にお金を払う
  3. カード会社は電力会社にお金を払う
  4. 電力会社がお金を手にする

となりますが、2の利用者がカード会社にお金を払わなかった場合でも、電力会社は利用料金をカード会社から払ってもらえます(他にもレストランなどでカード払いされた金額は、カード会社が責任を持ってレストランに払う)。

料金回収会社として、カード会社を使う:

f:id:cardmics:20170825235011j:plain

こんな感じに今、クレジットカード会社を料金回収会社として利用する企業は増加中

単純に現金払いやコンビニ払い、銀行口座引き落としを全てカード払いに切り替えることが出来れば、その料金回収のための人員が不要になりますからね。

これは企業にとって大きなメリットだと思うので、自社でお金の回収業務を担当したくない、自社ビジネスのみに専心したい…という企業があれば、是非、顧客からの料金回収はクレジットカード払いを上手に活用してみてくださいね。

以上、電力会社やガス会社がカード払いを導入する理由とは?顧客満足度アップもありますが、本当の狙いは料金回収業務を外部委託するためです…という内容でした。

参考リンク:

最近話題の格安スマホ業者などは、もう最初から『うちへの支払いはクレジットカード払いのみだよ』と顧客が選べる支払い方法をクレジットカードに限定しているところもあります(下記のようにカード払い以外の支払い方法が選べる業者のほうがむしろ少ないくらい)。

このメリットはやはり料金の回収業務が不要になる点。記事中でも書いたようにカード会社への手数料は発生しますが、それを回収業務に必要な経費だと思えば、決して高い金額ではないのかもしれませんよ。

他、経営にクレジットカードを役立ててみたい…という方は下記記事も参考にどうぞ。

news.cardmics.com

PAGE TOP