クレジットカードの読みもの

クレジットカードに関する様々な知識や使い方を「読みもの」として紹介していくサイトです。

株式会社設立に必要な書類が5分で出来上がる、会社設立freeeが面白い!法人印や法人口座の開設も同時に手続き可能です。

http://www.flickr.com/photos/32553078@N08/14980465038

photo by Loïc Lagarde

無料の確定申告ソフトとして人気のfreee(フリー)が、今度は株式会社の設立を自動化してしまう『会社設立freee』というサービスを提供開始したようなので、今回はそれを紹介させてもらいます。

2015 年 6 月 23 日、クラウド会計ソフト freee(フリー)を運営する freee 株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役:佐々木大輔、以下 freee)は、4月に発表した新コンセプト「クラウド完結型社会」を実現するべく、5分で会社設立に必要な書類が全て出力できる「会社設立 freee(フリー)」をリリースしました。(中略)

本プロダクトを利用することで、会社設立に必要な書類が全てオンライン上で作成・出力できるだけでなく、会社実印の作成(*1)、銀行口座の開設(*2)などをワンストップで行うことができます。これにより起業家は、会社設立の段階から煩わしい手続きを忘れ、本業だけにフォーカスすることができます。

会社設立に必要な書類がスタバでも作成可能:

この会社設立freeeを利用すると、なんと株式会社設立に必要な書類がパソコンやスマホから作成可能に。資本金から事業の目的まで、すべてオンライン上で記入&作成できてしまうため、よほど複雑な会社設立でもなければ司法書士などの専門家に相談することなく自分一人の力だけで作成できるようになります。

同時に法人印や銀行印、そして法人口座の開設までオンライン上で手続き出来てしまうのも会社設立freeeの魅力。つまりこのサービスを利用すれば会社設立に関するすべての手続きが完了してしまうのですね。いやはや、ほんと凄いとしか言いようがありません。

会社設立にはお金がかかる:

ちなみに実は私も過去、株式会社設立をしたことがある人間なんですが、その際には無知だったもので税理士の方に法人なりをお願いしてしまい、手続きに15万円程度の手数料を取られた記憶があります(税理士が司法書士に依頼して設立)。

こんな感じで会社設立ってなんだかんだで費用がかかるものなんですが、それをこの会社設立freeeであれば実費負担のみで設立できるようになるので、株式会社設立がより身近になるメリットがありそうですね。

『起業へのハードルが高い』と言われる日本経済への、良い起爆剤になってくれることを期待しましょう。

経営者向けのクレジットカードもついでに:

http://www.flickr.com/photos/11855799@N08/4010325667

photo by pol ubeda

あと、個人的にな意見だと、現状の会社設立freeeに対して個人事業主や株式会社経営者向けのクレジットカードの作成もセットにしたら面白いんじゃないかな?と思ったりもしますが、まぁそういう『オマケ』の部分については、今後、どんどん追加されていくことでしょう。

彼らもビジネスなわけですから、法人印や法人口座開設以外にも収入は必要になってくるはずです(会社設立freeeはそういったサービスを紹介することによる収入で運営されていくため)。

以上、株式会社設立に必要な書類が5分で出来上がる、会社設立freeeが面白い…という話題でした。尚、個人事業主の方や法人経営者の方で、まだクラウド会計ソフトのfreeeを使っていないという方は、この機会にこちらも導入を検討してみてくださいね。経理作業が劇的に楽になりますよ。

参考リンク:

その他、会社設立に関して役立つリンクを並べておきます。特に設立間もない企業や個人事業主でも作れる法人カードはおすすめですよ。

cards.hateblo.jp

cards.hateblo.jp

PAGE TOP