クレジットカードの読みもの

クレジットカードに関する様々な知識や使い方を「読みもの」として紹介していくサイトです。

海外でホテルに泊まりたいなら、クレジットカードのサインはパスポートの署名と同じものにしておかないとダメなのか?を解説。

http://www.flickr.com/photos/35767011@N00/3641655363

photo by pattoncito

クレジットカードのサインに関する話題を続けてみたいと思います(こちらからの流れ)。海外でホテルに泊まる機会があるのであれば、クレジットカードのサインはパスポートのサインと同じにしておかなくてはいけないのか?という質問について。

パスポートと同一のサインである必要性はありません:

これはまぁ、海外でホテルに頻繁に泊まったことがある方であればご存知かとは思いますが、クレカとパスポートのサインが同一のものでなくても全く問題なし。アメリカ合衆国などの北米、ブラジルなどの南米、アジア諸国やヨーロッパなどなど、どこでも問題になることはないでしょう。

ごく稀に一部ホテルにてカードサインはパスポートサインと同じでなければならない!と言われることもありますが、あくまでこれはホテル側の理解不足によるもの。どうしても書けと強く要望されるのであれば、クレジットカードのサインの脇にパスポートのサインでも加えておいてあげれば問題ありません

必ずクレジットカードのサインは書くこと:

但し、ここで大事なのは、クレジットカード裏面にあるサインも必ず書くこと。そうではないと、万が一の時にカードと同じサインをしていないことになってしまうため、被害時に問題になってしまいます。

考えすぎかもしれませんが、ホテル側が不正利用をするために敢えてカード裏面の違うパスポートのサインを求めてくる場合もあるかもしれません。パスポートのサインを書けと言われた場合にはくれぐれもご注意くださいね。

海外でのクレジットカード利用には気をつけること:

f:id:cardmics:20170525235027j:plain

最後に。

日本は安全で、海外で利用すると危険!というのは極論すぎではありますが、日本に比べれば海外でクレジットカード詐欺に会う可能性が高いのは間違いありません。

そのため、海外旅行などでクレジットカードを利用した場合には、その後、数ヶ月は利用明細書を入念にチェックするなどの、防犯対策を取ってみてくださいね。少しでも怪しい請求があったら、カード会社に相談してみることをお薦めします。

以上、海外でホテルに泊まりたいなら、クレジットカードのサインはパスポートの署名と同じものにしておかないとダメなのか?を解説…という話題でした。

参考リンク:

はじめて海外旅行に行く…という方は、事前に下記記事を読み、海外のクレジットカード事情を把握しておくようにしてください。無知なまま海外にいってしまうと、思わぬトラブルに巻き込まれてしまうこともありえますよ。

news.cardmics.com

PAGE TOP