クレジットカードの読みもの

クレジットカードに関する様々な知識や使い方を「読みもの」として紹介していくサイトです。

売買手数料が高いイメージのあったカブドットコム証券が、現物株式手数料を大幅値下げ!50万円以下の売買なら業界最安値レベルです。

http://www.flickr.com/photos/101332430@N03/9677861415

photo by ota_photos

売買手数料が高いイメージのあったカブドットコム証券が、2015年11月4日より現物株式手数料を大幅値下げし、業界最安値レベルの安さになったようです。カブドットコム証券側が公式リリースにて発表しました(引用はこちらから)。

カブドットコム証券株式会社は2015年11月4日(水)より、現物株式手数料の改定をおこないます。

本改定は、約定金額50万円以下の少額約定金額帯の手数料を最大約54%引き下げるものであり、これにより約定金額10万円超から50万円以下の現物株式手数料は、主要ネット証券5社*1で最低水準(2015年10月22日現在)*2となります。

確かに安くなったカブコムの売買手数料:

気になるその売買手数料は下記の通り。ちょっとわかりにくいですが、従来の手数料と比べると大幅に引き上げられたことがわかります。

f:id:cardmics:20151111170402g:plain

大手ネット証券会社と比較しても安い:

また、ネット証券会社の大手であるSBI証券や楽天証券、マネック証券とくらべてもその売買手数料の安さが目立っていますね(下記表を参照)。

日々、トレードをするデイトレーダーの方や、スイングトレードをしたいという方にとっては、この現物株式手数料の安さは証券会社選びにおいてかなり重要な指標になると思われます。

f:id:cardmics:20151111170327g:plain

但し、1万円や2万円といったごくごく少額の売買しかしない…という方であれば、引き続き松井証券のほうが安くあがることでしょう(松井証券の公式サイトはこちら)。

50万円以下の売買ならカブドットコム証券も選択肢に:

http://www.flickr.com/photos/101332430@N03/9677861633

photo by ota_photos

こんな感じで50万円以下の現物売買ならかなり手数料が安くなったカブドットコム証券。今までは安心さは魅力だけれど売買手数料が高いイメージがあったものが、これで総合的な魅力を持つネット証券会社になったように思います。

是非、これから証券口座を開設しようと思っている方はSBI証券や楽天証券に加え、カブドットコム証券も比較対象にしてみてくださいね。私も口座を保有していますよ。

以上、売買手数料が高いイメージのあったカブドットコム証券が、現物株式手数料を大幅値下げ!50万円以下の売買なら業界最安値レベルです…という話題でした。

参考リンク:

その他、証券会社選びで迷ったら、下記記事なども併せてご覧ください。はじめての方向けや口座開設スピードの速さなどでまとめていますよ。

PAGE TOP