クレジットカードの読みもの

クレジットカードに関する様々な知識や使い方を「読みもの」として紹介していくサイトです。

フリーランスになって初めてわかる、住民税や所得税の高さ…。今年もえげつない請求書が、郵便ポストに投函される時期になりました。

f:id:cardmics:20170705171801j:plain

今年もいよいよ、住民税の通知がやってくる時期になりました。

しかしまぁ、サラリーマンの方にとってはこの住民税って馴染みのない税金ですよね。通常であれば毎月貰う給与から自動的に源泉徴収されちゃう税金なので、その名前すらもロクにしらないという方も多いのではないでしょうか?

フリーランスになるとその破壊力にやられる:

これがフリーランスになると話が違ってきます。フリーランスの方の場合には、毎年、市区町村から住民税の請求書が自宅に届くようになるため、嫌でもその金額を目の当たりにすることになるんですよね。

  • フリーランス:自宅に請求書が届く
  • 会社員:会社が勝手に納税してくれる

しかもその請求金額ときたら…冗談抜きで、えげつないほどの破壊力を持っているんです。『えっ、俺、こんなに税金払うの?』とビビる方も多いのではないでしょうか?(私も昨日、請求書が届いてヤラれました…)

住民税は課税所得に対して10%:

では住民税ってざっくりどのくらい徴収されるのかというと、これは課税所得に対して10%です。

詳しく分類すると市区町村民税と都道府県民税の2種類があるんですが、そんなのは住民税がごっそりと徴収された後に勝手にやってくれることなので、とにかく住民税は10%なんだと思っておいてOK。

  • 課税所得300万円の人:住民税30万円
  • 課税所得800万円の人:住民税80万円

消費税8%と違って、10%の計算は楽ちんですね。詳しくは東京都あたりのサイトを確認してもらえればと思いますが、まぁ、ほんと読んでもわかりにくい解説しかない状況ので眠くなるだけかもしれません(苦笑)

課税所得がわからない方はこちら:

ついでに課税所得についてわからない…という方は下記リンク先も参照にしてください。カンタンに説明すると、課税所得は年収から各種控除金額を差し引いた、税金を計算する上での元となる数字のことですよ。

課税所得額とは、所得税を算出する時のベースになる金額で、1で算出した給与所得額から、「人的控除」と「その他の控除」を差し引いた金額です。住民税の課税所得額も控除額が若干違いますが、同じ考え方です。

予定納税の金額を見るともっとビビる:

フリーランスになってしっかりと稼いでいる方だと、住民税の通知だけでなく、予定納税の通知が来るのもこの頃。

この金額はもう、住民税が可愛く見えてしまうほどの金額になることも多いので、私を含め、フリーランスの方の中には「予定納税」という言葉に恐怖を感じる方もいるのではないでしょうか?(苦笑)

まぁグチグチ言っていても払わなくちゃいけない税金は払わなくちゃいけないので、所得税の引き落としがかかる時期には銀行口座残高の確認を忘れないようにしてもらえればなと思います。

実は結構なお金を払っている:

f:id:cardmics:20170622214211j:plain

こんな感じで住民税って、年収が400万円以上あるという方であれば年間、数十万単位で支払いをしている税金…。

更に年収があがり1,000万円を超えるようになってくると年間100万円以上の支払いが必要になるなど、住民税なんてやさしそうな名前が付いていますが、ほんとその破壊力はハンパない税金なんですよ(汗)。

もちろんフリーランスだから支払っている税金ではなく、会社に雇用されている一般社会人の方も住民税はしっかり払っています。問題にならないのは単純に、多くの方が給与明細や源泉徴収票をよく見ていないだけに過ぎません。みなさんもたまには是非、明細書を見て「自分はどれだけ税金を払っているのかな?」ということを確認してもらえればな…と思います。

以上、フリーランスになって初めてわかる、住民税や所得税の高さ…。今年もえげつない請求書が、郵便ポストに投函される時期になりました…という話題でした。

参考リンク:

税金を含め、お金についてもっと知識をつけたいと思う方は、下記の初心者向け書籍集もご覧ください。お金の知識はつければつけるほど、人生を快適に過ごすための手助けをしてくれるものですよ。

news.cardmics.com

PAGE TOP