クレジットカードの読みもの

クレジットカードに関する様々な知識や使い方を「読みもの」として紹介していくサイトです。

大手旅行代理店のJTBから700万人規模の個人情報流出!?パスポート番号を含めた個人情報が漏洩した可能性があるようです。

http://capture.heartrails.com/400x300?http://www.jtb.co.jp/

大手旅行代理店のJTBから、793万人の個人情報が流出した可能性が出てきました。

どうやら「漏洩の可能性がある」という状況ではあるものの、これだけの規模の個人情報が対象となる個人情報流出事件は大きなトピックスになりそうです。

大手旅行会社JTBは14日、国土交通省で記者会見し、子会社のサーバーが外部から不正アクセスを受け、顧客のパスポート番号など最大で約793万人分の個人情報が流出した可能性があると発表した。(中略)

発表によると、流出の可能性があるのは「JTBホームページ」「るるぶトラベル」などのサイトから、2007年9月28日~16年3月21日の間にインターネット予約をした顧客の氏名や生年月日、メールアドレス、住所、電話番号など。約4300人分については、有効なパスポート番号やその取得日などの情報も含まれていた。

流出した個人情報の詳細は?

今回、情報漏えいしてしまった可能性がある情報については下記の通り(JTB公式発表より)。

  1. 氏名(漢字、カタカナ、ローマ字)
  2. 性別
  3. 生年月日
  4. メールアドレス
  5. 住所
  6. 郵便番号
  7. 電話番号
  8. パスポート番号
  9. パスポート取得日

大量のパスポート情報漏洩は前代未聞:

前代未聞なのは8番目と9番目のパスポート情報ですね。

JTB側によると有効期限に到達していないパスポート、つまり現在でも使えるパスポートの件数については約4,300件としていますが、それでもかなりの数のパスポート情報が漏洩してしまった可能性があります。

※なお、⑧パスポート番号、⑨パスポート取得日のうち、現在も有効なものは約4,300件になります。

クレジットカード情報の漏洩は無し:

尚、漏洩対象となっている情報の中にクレジットカード情報が含まれているのかどうかについて…ですが、現状では漏洩の可能性は無しとのこと。

今回はあくまで、前述の9つの情報のみが漏洩しただけとのことなので、とりあえずはご安心ください(今後の調査次第では、漏洩していた可能性もあります)。

仮にカード番号が漏洩していた場合には?

では仮にクレジットカード番号や有効期限、セキュリティコードといった情報まで漏洩してしまっていた場合にはどうすれば良いのでしょうか?

こちらについてはおいおい、JTB側より発表があると思われますが、もしクレジットカード情報までが漏洩してしまっている場合には、すでにクレジットカード各社には今回の情報漏えいの状況が伝達されています。みなさん側でわざわざカード会社に電話をする必要性はありません。

その上で『自分のカード番号が漏洩しちゃったなんて気持ちがわるいな…』と思う方は、クレジットカード会社に連絡をして、カード番号の変更をお願いすればOK。もちろんその際には情報漏えいを起こした企業側が再発行費用を負担してくれるので、みなさんの負担は0円で済みます。

不正利用されても落ち着いて:

また、最悪にも情報漏えいによってクレジットカードが不正利用されてしまったとしても大丈夫。

クレジットカードには盗難保険という有り難い保険が備わっているため、適切に保険申請をすれば私達の被害額は0円で済みます。盗難保険について詳しくは下記記事にまとめてあるので、心配な方はそちらをご覧いただければと思います。

以上、大手旅行代理店のJTBから700万人規模の個人情報流出!?パスポート番号を含めた個人情報が漏洩した可能性があるようです…という国内ニュースでした。

PAGE TOP