クレジットカードの読みもの

クレジットカードに関する様々な知識や使い方を「読みもの」として紹介していくサイトです。

2016年の自己破産申し立て件数は6万4,637件!銀行カードローン等の影響で、13年ぶりに申請数が前年比で増加したようです。

Cash, Check or Charge?

『2016年の自己破産申し立て件数は6万4,637件で、13年ぶりに申請数が前年比で増加した。』

そんな統計データを最高裁が発表したという情報が入ってきました。時事通信によるニュースです*1

個人の自己破産の申請が2016年に前年比1.2%増の6万4637件となり、13年ぶりに増加したことが10日、最高裁の統計(速報値)で明らかになった。(中略)

個人の破産申請は、1990年代後半に急増。03年に24万2357件まで達した後、翌年から15年までは12年連続で減少した。

申請数増は銀行カードローンのせい?

今回、13年ぶりに自己破産の申請数が増加した背景には、テレビCMなどによる銀行カードローンの貸出増があると言われています。

実際、こちらも時事通信のデータによると、ノンバンク、つまり消費者金融やクレジットカード会社によるお金の貸出は減少傾向にあるものの、それに代わって銀行カードローンの貸出が増加している状況があるとのこと。

ノンバンクの消費者向け無担保貸付残高は、05年度末の17兆6399億円から15年度末に4兆4438億円まで減少した。

しかし、これに代わって11年ごろから銀行のカードローン残高が急伸。日銀の統計によると、16年末は5兆4377億円で、5年間で1.6倍に拡大した。

確かにこれを見る限りだと従来、叩かれまくっていた消費者金融の影響で自己破産に追い込まれる方は減少傾向で、反対に銀行カードローンで自己破産に追い込まれている人が増えていてもおかしくない感じですよね。

  • 従来:消費者金融やカード会社からの借金で自己破産
  • 現在:銀行カードローンの影響で自己破産が増加傾向?

銀行は利用者獲得に躍起:

まぁあれだけテレビCMを流していたら、そりゃそうなる方が増えるのも当然の話。

下記記事でも書いている通り、銀行カードローンには消費者金融やクレジットカード会社に適用されている総量規制(年収に合わせてお金を貸しなさい…というルール)が適用されないので、青天井で貸付を行っているというのも問題を深刻にしていそうな気がします。

  • 消費者金融:借り手の年収にあわせてお金を貸す必要性がある
  • 銀行カードローン:年収に関わらずお金を貸せる

そのため、業界として早めになんらかの対策をしていかないと、また社会問題になる日もそう遠くないのかも。個人的には銀行にも総量規制を適用させれば済むだけだと思うので、業界全体でそういったルール厳守を徹底させてほしいですね(詳しくは下記記事もどうぞ)。

cards.hateblo.jp

自己破産=人生の終わりではない:

Blue card

最後にもうひとつ。

自己破産って自己破産をしたことがない方からすると、一巻の終わりとか、失格者の烙印を押されるようなもの…と思われているところがあるんですが、実際にはそんなことはありません。

なにせ過去10年に自己破産をした方というのは、日本全体で約100万人ほど存在。更に過去20年で見ると300万人近くの人が自己破産を経験済みであることを考えると、30人に1人くらいは経験しているものなんですよ(小学校や中学校のクラスメイトのうち、誰か1人は自己破産を経験している計算)。

そのため、もちろん借りたお金を返せないというのは深刻に考えるべきことではあるんですが、それを過度に重く考えて死を選ぶ必要はなし。そうではなく国が用意した救済策でもある「自己破産」という制度を利用して、人生をリスタートさせるほうがよほど建設的ですよ。是非、お金に困って人生に絶望しているなら、自己破産を活用ください。

以上、2016年の自己破産申し立て件数は6万4,637件!銀行カードローン等の影響で、13年ぶりに申請数が前年比で増加したようです…という国内ニュースでした。

参考リンク:

クレジットカード等の返済が難しくなってしまった…という時にはどうすればいいのか。そんな借金地獄から抜け出す方法についてまとめた記事は下記をどうぞ。 

cards.hateblo.jp

*1:残念ながら最高裁が発表したという統計データそのものを見つけることは出来ませんでした。検索力不足ですいません…。

PAGE TOP