クレジットカードの読みもの

クレジットカードに関する様々な知識や使い方を「読みもの」として紹介していくサイトです。

海外ではほとんど使えない、私のJALカード(日本航空のクレジットカード)。航空会社がJCBと提携してカードを発行する意味はあるのだろうか?

http://www.flickr.com/photos/76855970@N00/11768649793

photo by double-h

私が保有しているJALカードはJCB提携のクレジットカードのため、海外では主要観光地を除き、ほとんど国や地域で利用できません。

まぁ自分でJCB提携のJALカードを選んだので文句は言えませんが、海外で使えないJALカードを使っているというのもなんだか不思議な感覚…。実際、せっかく航空会社のクレジットカードを作ったにも関わらず、海外に行った時は別会社のクレジットカードを利用している状況です。

JCBが使えなかったシンガポール航空:

そんな国内では問題ないけれども海外では使いにくいJCBですが、下記のニュースを見て、アレ?…と思いました。2014年3月13日より、シンガポール航空のウェブサイトでJCBカードが使えるようになった…というニュースについてです。

2014年3月13日より、シンガポール航空のホームページsingaporeair.comでのお支払いに、お手持ちのJCBカードをご利用いただけるようになりました。日本発およびシンガポール発の旅程にてご利用可能です。

これ、ニュース自体はよくある『JCBカードが使えるようになりました!』といった類のものなので、新鮮さは別段ありません。ではなにが問題なのかというと、それはシンガポール航空が過去、JCBと提携してクレジットカードを発行していたという点なんです。

調べてみたら、ありましたありました。クリスフライヤーJCBカードというクレジットカードです。

提携カードを発行していたのに支払いでは使えなかった:

これはつまり、JCBはシンガポール航空公認の提携カードだったけど、シンガポール航空のWebサイト上では利用できなかった…ってことだったんでしょうか(汗)。仮にそうだとしたら、海外で使えないJALカード以上になんとも言えない状況だったのですね(苦笑)

  • 過去:シンガポール航空はJCB提携のクレジットカードを発行していたけれども、自社ウェブサイトではJCB支払いができなかった
  • 現在:singapore航空はJCB提携のクレジットカードを発行しているし、自社ウェブサイトでの支払いにも使える

まぁなんにせよ無事にJCBカードも使えるようになったので、これからは問題無し…なんですが、提携カードを発行するときについでに加盟店契約も結べなかったのかかなり謎。

もしかすると外資によくある、システムの都合でJCBカード決済は導入できない…とゴリ押しされたと考えるのが、妥当かもしれませんね。

JCBはどこに向かうのか?

f:id:cardmics:20140316144833g:plain

さて、ほんとJCBはこの先、どこに向かうんでしょうかね?

個人的には国産の国際ブランドなのでJCBを応援しているわけですが、このままだとブランドが衰退していってしまうことは火を見るよりも明らか。今後はアメックスやダイナースクラブのようにブランド力を高めるか、それとも電子マネーの活路を見出すか…などなど、この先には更に難しい舵取りが必要になっていくように思います(下記記事なども参考に)。

さてさて、どうなることやらですね。

以上、海外ではほとんど使えない、私のJALカード(日本航空のクレジットカード)。航空会社がJCBと提携してカードを発行する意味はあるのだろうか…という話題でした。

参考リンク:

JALマイルをもっと貯めたい…と思っている方は、下記記事もあわせてご覧ください。マイルの基礎を学び、マイルを効率よくためていきましょう!

cards.hateblo.jp

PAGE TOP