クレジットカードの読みもの

クレジットカードに関する様々な知識や使い方を「読みもの」として紹介していくサイトです。

新たにJCBギフトカードの偽造発覚!JCBギフトカードの加盟店になっている方は、偽造券の特徴&識別方法を知っておこう。

Money

最近、あまり耳にすることがなかったギフトカードの偽造問題ですが、久しぶりに大きな被害に繋がっていそうなニュースが入ってきました。JCBの公式リリースによる情報です。

2017年1月21日(土)以降、国内の加盟店15店舗において、弊社が発行するJCBギフトカード5,000円券の偽造券982枚が不正使用されていたことを確認しました。(2月1日現在)

今後の偽造券の流通を防止するべく、全国のJCBギフトカード取り扱い加盟店および関係者の皆様に、偽造券の特徴と識別方法を広くお知らせし、偽造券発見時には警察への通報とJCBへのご連絡をお願いするなど、被害拡大防止の体制を整えてまいります。 

どうやら被害額としては現状でわかっているだけでも500万円程度になっている模様…。

更にこういったギフトカードというのはJCB側で回収されるまでに少しタイムラグが発生するものでもあるので、最終的には1,000万円を越える被害になるものと思われます(JCBとしては大きな痛手です)。

JCBギフトカード加盟店の方は注意を:

こうなると気をつけなくてはいけないのが、スーパーマーケットやデパートなどのJCBギフトカード払いを受け付けているJCBギフトカードの加盟店ですね。

仮に偽造券を使われてしまった場合には、その後の対応がなにかと面倒なことになるため、可能な限りレジにてその利用を防ぐのがベスト。

参考までにJCB側の公式リリースにてその真贋の判別方法が掲載されていたので、これらの特徴をしっかり確認した上で、自店舗で同様の被害が起こらないように社員への通達を徹底してもらえればなと思います。

f:id:cardmics:20170202121728j:plain

念のため、文字起こしもしておきます。

  1. 偽5000円券の5,000の文字には、ザラザラ感がなくつるつるしている。爪でこすっていただくと簡単に判別可能
  2. 裏面の「記入不可」という文字の漢字が少しおかしい。ごんべんに1本、横線が欠けているのでわかる。
  3. 裏面右下の券番号の数字が、均等な文字の大きさではない。

これらの特徴があるJCBギフトカードが使われたら、それすなわち「偽物」ということなので、警察等への通報を是非、よろしくお願いいたします。

紙のギフトカード自体はなくなる運命?

ちなみに。今回の偽造発覚に関するニュース以外にも、JCBでは度々、JCBギフトカードの偽造券に頭を悩ませています。

まぁJCBギフトカードって「民間企業が5,000円札を印刷して配布しているようもの」ですから、悪意のある方に狙われてしまうのも致し方ないところ。将来的には紙のギフトカードは廃止され、JCBプレモカードなどのICカードタイプのギフトカードが主流になっていくのでしょう。

以上、新たにJCBギフトカードの偽造発覚!JCBギフトカードの加盟店になっている方は、偽造券の特徴&識別方法を知っておこう…という国内ニュースでした。

参考リンク:

その他、クレジットカード会社が発行している代表的なギフトカードについては下記記事を参考に。やはり贈答用の需要が多いためか、どこのカード会社も根強く発行を続けている感じですね。

news.cardmics.com

PAGE TOP