クレジットカードの読みもの

クレジットカードに関する様々な知識や使い方を「読みもの」として紹介していくサイトです。

JCB加盟店であれば、アメックスやダイナースクラブカードも支払いに利用可能!使える場所が増え、使用できないお店は減りました。

f:id:cardmics:20180505153038j:plain

JCBカードの加盟店であれば、アメックスやダイナースクラブカードが使える。そんな話を聞いたことがあるものの、それは本当なのかどうか気になっている方も多いのではないでしょうか?

そこでは今回は、その情報は確かなのかという点から、『なぜJCB加盟店なのに、ダイナースクラブやアメックスが使えるのか?』という理由までを簡単に解説してみたいと思います。

これを読んでいただければきっと今後は安心して、アメックスやダイナースクラブカードの作成ができるようになるはずですよ。

JCB加盟店で使える国際ブランドについて:

JCBカードの公式サイトにも記載アリ:

まず、JCB加盟店でアメックスやダイナースクラブカードが使える…という情報が事実なのかどうかをお伝えするためにも、JCBカードの公式サイトにある記述を引用させてもらおうと思います。

他ブランドのクレジットカードのお取り扱いも!!

JCBカードにご加盟いただくと、JCBカードの他、アメリカン・エキスプレスのカード、ダイナースクラブカード、ディスカバーカード、銀聯カードのお取り扱いもお選びになれます。他ブランドのクレジットカードをお取り扱いいただければ、さらなる集客力と売り上げ単価のアップが期待できます。

上記はクレジットカード払いを受け付けることが出来るようになる、加盟店案内ページにある記載。たしかに『アメックスやダイナースクラブでも、JCB加盟店になれば利用できる』という記載がありますよね。

つまりJCB加盟店ではアメックスやダイナースクラブも支払いに使える…というのは、公式情報としても間違いなし。

仮にアメックスやダイナースクラブのブランドロゴが貼られていなかったとしてもJCBのマークが店頭に掲示されている場合には、安心してそれらのクレジットカードを利用して大丈夫なのです。

すべてのJCB加盟店で使えるわけではない:

但し、それじゃすべてのJCBカード加盟店でダイナースクラブやアメックスといったクレジットカードが使えるのかといえば、なにごとにも例外というものが存在します。

たとえばJCB側と直接の加盟店契約をしていない場合や、クレジットカード決済を行う代理店を間に挟んでいる場合、そしてJCBとの契約内容が古いままな加盟店などでは、未だにアメックスやダイナースクラブ決済ができないことも多いのでこの点はご注意ください。

  • JCBと直契約していない場合:使えないことも
  • 代理店を挟んでいる場合:使えないことも
  • 直契約はあるが契約が古い場合:使えないことも

あくまで私の感覚値でしかありませんが、全JCB加盟店のうち85%くらいのお店やレストランで、アメックスやダイナースクラブが使えるイメージですね。稀に使えないお店に当たることがある、そんな感じです。

JCBと相互加盟店開放を行っている:

ちなみになぜアメリカン・エキスプレスやダイナースクラブがJCB加盟店でも使えるのかというと、これはJCBとそれらのブランドが「加盟店の相互開放」を行っているためです(詳しくは下記記事などにて)。

クレジットカードの加盟店開放とは、あるクレジットカード会社(ブランドの場合も)が開拓した加盟店を、他のクレジットカード会社が発行しているカード会員にも使って良いよと開放すること。

主に2つのクレジットカードブランドが提携し、それぞれの加盟店で利用可能になることを指す。

つまりJCBとアメックス、そしてJCBとダイナースクラブがそれぞれ提携をすることで、お互いの使えるお店をシェアしている…と考えるとわかりやすいはず。

これによってアメックスやダイナースクラブ側は自分たちで加盟店を増やす手間が減り、JCBには決済手数料という収入が入るので、それぞれに提携メリットが生まれるのですね。

  • JCB:決済手数料が入る
  • アメリカン・エキスプレス:使えるお店が増える
  • ダイナースクラブ:使えるお店が増える

そして言うまでもなく、私たちカード利用者としても使えるお店が増えることはクレジットカードの利便性向上につながるので、助かる提携だなぁと思います。

JCBとしては両刃の剣でもある:

JCBにとってアメックスとダイナースクラブとの提携は、加盟店手数料アップにつながるメリットの多い提携であることに間違いはありません。

しかし、見方を変えるとライバルであるアメックスやダイナースクラブの事業に塩を送る形になるのも事実。

実際、彼らは過去、使えるお店を増やす作業に時間とお金を取られていましたが、現在では新規にクレジットカードを発行する業務に集中できるようになってしまったので、結果的にJCBカードの発行枚数減少につながっているのではないか?そんな見方もできます。

ただ加盟店相互開放そのものが終了する可能性は極めて低いので、これからダイナースクラブカードやアメックスカードを作ろうと思っている方が気にする必要性はなし。使える場所が増えた分だけ利便性もアップしているので、是非、活用いただければと思います。

使えるお店は多いので安心して申込を:

f:id:cardmics:20170717002843j:plain

結論。

2018年現在ではダイナースクラブカードやアメリカン・エキスプレス・カードといったクレジットカードでも、支払いに使えなくて困ることはほとんどありません。

少なくとも日本国内においては、ほぼほぼ不自由なく使えるようになっているので、ダイナースクラブカードやアメリカン・エキスプレス・カードは使えるお店が少ないから作るのを躊躇してた…という方も、この機会に作成を検討してもらえればと思います。

以上、JCB加盟店であれば、アメックスやダイナースクラブカードも支払いに利用可能!使える場所が増え、使用できないお店は減りました…という話題でした。

参考リンク:

アメックスやダイナースクラブカードを作りたいけれども、審査に通るか不安だ…という方は下記記事なども参考にどうぞ。アメックスゴールドの審査難易度について事細かく解説しています。

news.cardmics.com

PAGE TOP