クレジットカードの読みもの

クレジットカードに関する様々な知識や使い方を「読みもの」として紹介していくサイトです。

JAL個人情報漏洩事件での被害状況がやっと判明!カード番号や有効期限の漏洩は、どうやら無いようです(JALが最終報告)。

f:id:cardmics:20170613001655j:plain

2014年9月に発生した、不正アクセスによるJALの個人情報漏洩事件。

JALマイレージバンクを利用する会員情報のうち、最大で70万人以上の情報が漏洩したのではないか?とされていたこの事件ですが、最終的には4,131人分の情報漏洩に留まることがJAL側より発表されました。

2014年9月に判明した顧客情報システムへの不正アクセスによるJALマイレージバンク(JMB)会員のお客さま情報の漏えいにつきまして、社内調査を完了し、JMB会員の一部(4,131名様)のお客さま情報(*1)の漏えいを確定しましたのでご報告いたします。

本件につきましては、2014年10月31日に設置した社外の独立役員から構成される検証委員会(*2)による検証が行われ、社内調査の内容および今後の対応について了承されています。 

気になるクレジットカード情報の漏洩は無し?

JAL側の最終報告によると、どうやら今回の個人情報漏洩ではクレジットカード番号や有効期限といったカード情報の漏洩はなかった模様。そして二次被害もなかったようなので、このあたりは一安心といったところかもしれません。

クレジットカード番号、JMBパスワードの漏えいはありませんでした。特典交換などのマイレージプログラムは通常通りご利用いただけます(*3)。 

セキュリティ強化をお願いしたい:

とはいえ、毎度のことながら個人情報漏洩騒ぎを起こしてしまうJALマイレージバンクは、もう少しどうにかセキュリティレベルを高める対策をするなどの改善をすべき。

パスワードに大文字やビックリマークを使えるようにするとか、二重パスワードの導入などを是非とも早めにお願いしたいところですね。ひとりのJAL利用者として期待しています!

以上、JAL個人情報漏洩事件での被害状況が判明!クレジットカード番号や有効期限の漏洩は、どうやら無いようです(JALが最終報告)…という話題でした。

参考リンク:

仮に個人情報が漏洩し、クレジットカードを不正利用されてしまった場合にはどうなるのか…という解説については下記記事を参考に。

日本国内で発行されているクレジットカードには楽天カードにしろイオンカードにしろ、ほぼすべて盗難保険が完備されているので、きちんと利用明細さえ確認していれば自己負担額は0円で済みますよ。

news.cardmics.com

PAGE TOP