クレジットカードの読みもの

クレジットカードに関する様々な知識や使い方を「読みもの」として紹介していくサイトです。

日本航空の個人情報漏洩事故は、未だに誰の個人情報が漏洩しているか不明。4,131名分の漏洩のみ、個人名が特定が出来たようです。

http://www.flickr.com/photos/15622795@N05/3841640658

photo by emrank

日本航空(JAL)で2014年9月19日に発生した、不正アクセスによる個人情報漏洩事故。

この漏洩では最大74万人の個人情報が漏洩した可能性が指摘されていますが、10月29日現在、未だに誰の個人情報が漏洩しているかの確認ができていないことがわかりました。

日本航空(JAL)(9201.T: 株価, ニュース, レポート)は29日、顧客情報管理システムへの不正アクセス問題で、アクセスが集中した9月19日と22日の2日間でマイレージ会員の個人情報9745人分の漏えいが確認されたと発表した。うち、4131人分については個人名まで特定できたという。

まだ最大約74万人分のデータが流出した可能性があるため、調査を続けるとともに、再発防止策を検討するため、社外取締役らで構成する「独立役員検証委員会」を立ち上げる。

記事によると9,745人分の漏洩が確認され、そのうち4,131人分については個人名まで特定できた模様ですが、逆にいえばまだ4,131人分しかわかっていないことになります。最大74万人分の大規模なデータ流出事故としては、明らかに少ない数字ですよね。

とりあえず被害は確認されていない様子:

ただ不幸中の幸いとも言うべきか、今のところクレジットカードの不正被害などは確認されていない様子。やはり日本航空のマイレージ会員である方にとって心配なのは、そういった被害が起きているかだと思うので、この点だけは安心できそうです。

漏れた可能性のある情報は会員の氏名、生年月日、自宅住所、勤務先など。被害は今のところ確認されていない。 

とはいえ、今後もクレジットカード被害が起きないとは限らないので、日本航空には出来るかぎり早く個人情報流出事故の全容を解明してほしいもの。

『自分の個人情報が漏洩してしまったかも…』と不安になっている方を1日でも早く救ってあげてもらえればな…と思います(不安な方は下記記事も参考に)。

以上、日本航空の個人情報漏洩事故は、未だに誰の個人情報が漏洩しているか不明。4,131名分の漏洩のみ、個人名が特定が出来たようです…という国内ニュースでした。

関連記事:

日本航空の個人情報漏洩事件に関するその他の情報は下記の通り。次第に全容は解明されてきましたが、いまだに誰が被害者なのかすらよくわからないのはさすがにどうなのかなと思います。

PAGE TOP