クレジットカードの読みもの

クレジットカードに関する様々な知識や使い方を「読みもの」として紹介していくサイトです。

JALマイレージバンクの顧客情報流出に関する情報まとめ!不正アクセスで最大75万人分の個人情報が漏洩してしまったようです。

f:id:cardmics:20171006222526j:plain

JALの個人情報漏洩が2014年9月24日、明らかになりましたが、その続報が入ってきているので紹介させてもらいます(こちらの記事の続き)。

日本航空は24日、JALマイレージ会員(約2800万人)の個人情報を管理するコンピューターシステムに不正なアクセスがあり、最大で約75万人分の個人情報が漏洩(ろうえい)した可能性があると発表した。同社は不正アクセスにより情報が抜き取られた疑いがあるとして警視庁に相談した。

記事によると漏洩人数は最大で75万人分。

JAL社内のコンピューター23台がウィルスに感染したことにより、情報漏洩に繋がってしまったようです。率直、汎用型のウィルスではなかったところを見ると、JALが狙われた…と考えたほうが正しいかもしれません。

JAL顧客関係管理システムVIPSが狙われた:

専門的な解説についてはITproに解説がありました。

データが漏洩したのは、同社の顧客関係管理システム「VIPS」。社内のPC23台に悪意のあるプログラムが埋め込まれ、そのプログラムがVIPSに不正アクセスを実行した。同プログラムは顧客データをVIPSから抜き出すコマンドを発行し、PCから外部の特定のサーバーに対してデータを送信していた可能性があることが分かった。

こうなるとやはり、JALを特定して狙ったウィルスであると考えられますね。JAL内部のシステムに精通していなければこんな大それたことは出来ません。

流出した個人情報にはクレジットカード情報は無し:

尚、流出してしまった個人情報の中に、クレジットカード番号や有効期限といったカード情報は含まれていなかったようです。

日航によると、情報には会員の氏名や住所、生年月日、メールアドレスなどが含まれる。会員のパスワードやクレジットカード番号の漏洩は確認されていない。24日現在、顧客から情報が悪用されたとの連絡はないという。

これなら少しは安心できる…とも言えそうですが、それでも氏名や住所、メールアドレスが流出してしまったことは事実。

そのため、JALにはしっかりとした事後対応をお願いしたいと思いますね。二度と同様の個人情報漏洩が起きないようにしてほしいものです。

以上、JALマイレージバンクの顧客情報流出に関する情報まとめ!不正アクセスで最大75万人分の個人情報が漏洩してしまったようです…でした。気になる方、怖いなと思う方は、すぐにパスワードを変更するなどの対応を行ってみてくださいね。

参考リンク:

個人情報の漏洩により、自分のクレジットカード不正利用されてしまった場合にはどうなるのか…という点については下記記事を参考に。クレジットカードには盗難保険というものが付帯しているため、早めに気付くことが出来ればあなたの被害を0円にすることが可能ですよ。

news.cardmics.com

PAGE TOP