クレジットカードの読みもの

クレジットカードに関する様々な知識や使い方を「読みもの」として紹介していくサイトです。

iPhone6のTouch IDは、iPhone5sよりも精度向上!Apple Payによるクレジットカード払いが、より安全に利用可能に。

http://www.flickr.com/photos/65265630@N03/10575772326

photo by Janitors

iPhone6に搭載されているTouch ID(指紋認証システム)は、iPhone5sに搭載されていたTouch IDよりも強化されているようです。CIOの記事を引用させてもらいます。

iPhone 6の指紋認証機能「Touch ID」は、先代機「iPhone 5s」の同機能と比べて、偽造した指紋による認証が難しくなっていた。新しい指紋センサーの精度は、iPhone 6で利用できる決済システム「Apple Pay」向けとして十分なレベルだ。

これが仮に事実であれば、より安全にApple Pay(アップルペイ)が利用可能になるということ。特にApple Payはクレジットカード決済そのものなので、セキュリティ強化はiPhone利用者にとっては嬉しい限りですね。

さすがはアップルといったところでしょうか。

 

偽造は可能でも、理論上、実践は難しい:

参考までに更に記事を引用させてもらいます。

iPhone 6のセンサーの認証を通過できるような指紋を偽造するには、高度なスキルと忍耐強さ、そして1000ドル以上もする用具が必要だ。作業はかなりの時間を要する。詳しい手順については、iPhone 5s発売後の現地時間2013年9月23日に同氏が公開したブログ記事に説明がある。

Rogers氏のテストによると、iPhone 6のTouch IDは、指紋のスキャンの範囲を広げることで信頼性を高め、また解像度を上げることで認識の精度を高めているという。

理論上、指紋の偽造は可能だとしても、偽造にこれだけの時間がかかるのであればTouch IDが破られる可能性は低いと言えそうな感じ。早く日本でもApple Payによるクレジットカード決済が進んでいって欲しいものです。

以上、iPhone6のTouch IDは、iPhone5sよりも精度向上…という話題でした。

関連記事
PAGE TOP