クレジットカードの読みもの

クレジットカードに関する様々な知識や使い方を「読みもの」として紹介していくサイトです。

iPhone6とiPhone6プラスのどっちを購入しようか迷っている方に!どちらがどれだけ売れているかの統計データが報道される。

http://www.flickr.com/photos/32716504@N03/15127380797

photo by SirMo76

iPhone6とiPhone6プラス、それぞれどれだけ日本国内で売れたのか?という比率が、日経新聞に掲載されていました。個人的にも気になる数字だったので、引用させてもらいますね。

モデル別では、4.7型ディスプレーを備えたiPhone6が82%、5.5型ディスプレーの同6プラスが18%。 

iPhone6購入者が82%:

個人的には3:1くらいでiPhone6かな?と思っていたのですが、実際には4:1以上にiPhone6の販売台数のほうが多いみたいですね。もはやほぼほぼ、iPhone6購入者のほうが多いということ。

iPhone6とiPhone6プラスのどちらを購入しようか迷っている…という方にとっても、面白い統計データになるのではないでしょうか?(やはり人気モデルのほうを購入したいですよね)

人気の容量は64GB:

http://www.flickr.com/photos/23208360@N07/7072709381

photo by Yutaka Tsutano

ちなみに上記の日経新聞の記事には、人気の容量についての記載もありました。

内蔵ストレージの容量別ではiPhone6/6プラスとも64ギガバイトが最多となった。 

一番人気の容量は16GB…ではなく、64GBのモデルなのですね、これはちょっと意外でした。

これって日本人らしいといえば日本人らしい『松竹梅の真ん中を購入する傾向』なんでしょうか?とりあえず真ん中を購入しておけば無難…という感じなのかも。どこの家電量販店にいっても16GBモデルばかりが在庫切れになってしまっている点は、単純に入荷数が少ない結果と言えそうです(入荷数が多くなれば16GBが売れ筋になる?)。

以上、iPhone6の販売台数はやはりiPhone6のほうが圧倒的に多いという記事でした。

関連記事
PAGE TOP